名古屋国際女子マラソンとワールドカップモーグル

3月9日のスポーツの話題。

◆名古屋国際女子マラソン
北京オリンピックに最終代表選考レースとなる名古屋国際女子マラソン。
高橋尚子(35)が最後のオリンピックをかけて1年半振りに走るという注目のマラソンでもあるし、その他にも、
弘山晴美(39)、原裕美子(25)、橋本康子(32)、大南敬美(32)と5人の優勝経験者が参加する。
さらに、坂本直子(27)、加納由理(29)、嶋原清子(31)らの有力選手、堀江知佳(27)、マラソン初参加の中村友梨香(21)、尾崎好美(26)等が参加しての大会となった。

結果は、有力選手がひしめく故は、レース序盤はかなりのスローペース、後半に入ってもペースが上がらなかったが、終盤一気にレースは展開を早めた。
 1位がマラソン初挑戦の中村友梨香。
 2位もマラソン初挑戦、一般参加でエントリの尾崎好美。
 3位:加納由理、4位:原裕美子、5位:堀江知佳
 弘山晴美:9位、坂本直子:10位、嶋原清子:11位、大南敬美:18位、高橋尚子:27位

『あきらめなければ夢はかなうんだ』と思えるようなレースをしたいと語っていた高橋尚子、9キロ地点で遅れ、優勝は難しくなり、ズルズルと後方に下がっていった。一時は30位以下にもなっていたが、最後まで走りきって27位。走りきることが周囲の応援に応えること、どんな思いを抱いて10キロ以降を走ったのか。
本人はその結果をある程度は予想して複雑だったに違いない。

一方、1位、2位がマラソン初挑戦の中村友梨香、尾崎好美。これからを担う選手となって欲しい。

◆上村愛子がワールドカップ、モーグルで種目別優勝
上村愛子(28)が、ワールドカップで4連勝を果たし、モーグルでは日本選手初の種目別優勝を決めた。
3月8日、スウェーデン・オーレで開催されたフリースタイルスキーのワールドカップ9戦目、上村愛子は第6戦からの4連勝を達成、モーグルで日本選手初の種目別優勝を決めた。

今年の上村は、3Dエアをおさえ、ターンのキレ、スピードを上げてきており、その成果が優勝へとつながった。

上村愛子といえば、長野オリンピックに高校生で出場し、7位入賞、アイドル的に注目をあびた選手。
その後、ソルトレイクシティオリンピックでは6位入賞、トリノオリンピックでは5位入賞、このときの「なかなか遠いな、メダルは。メダルをもらえないのは悔しい」という言葉と泣き笑い顔が印象的だった。
アイドルの様でさえあった18歳の頃から、これまで、決して楽に競技を続けてきたわけではなく、苦労を重ねてきているだけに、今回の優勝は嬉しい。
さらにバンクーバーに向けて頑張って欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第13回全国都道府県対抗男子駅伝

寒く冷たい雨の生憎の天候の中、都道府県対抗男子駅伝が行われた。
結果は、長野が4止めの優勝。
2位に13秒差で愛知、昨年優勝の兵庫が3位だった。
駅伝の醍醐味のひとつごぼう抜きでは、北海道の太田(コニカミノルタ)が23人抜きだった。

以下、区間ごとの順位と個人順位。

◆1区◆
順位
 1.福島 2.兵庫 3.長野 4.熊本 5.島根
 6.愛知 7.大分 8.神奈川 9.佐賀 10.栃木
個人順位
 1.福島:柏原 2:兵庫:八木 3.長野:千葉 4.熊本:栗原
 5.島根:松原 6.愛知:田中 7.大分:油布 8.神奈川:矢澤
 9.佐賀:木下 10.栃木:横松
◆2区◆
順位
 1.福島 2.長野 3.兵庫 4.愛知 5.熊本
 6.埼玉 7.神奈川 8.岐阜 9.秋田 10.栃木
個人順位
 1.長崎:林 2:鹿児島:市田 3.富山:永井 3.広島:松村
 5.愛知:近並 6.秋田:浪岡 6.滋賀:藤澤 8.長野:臼田
 9.京都:新庄 10.埼玉:徳留 10.静岡:田口
◆3区◆
順位
 1.長野 2.愛知 3.兵庫 4.福島 5.佐賀
 6.広島 7.岐阜 8.北海道 9.埼玉 10.秋田
個人順位
 1.北海道:太田f 2:広島:岡本 3.長野:佐藤 4.東京:山田
 5.愛知:佐藤 6.佐賀:高井f 7.岐阜:大西 8.大阪:井川f
 9.群馬:山崎 9.兵庫:渡辺
◆4区◆
順位
 1.長野 2.愛知 3.兵庫 4.福島 5.北海道
 6.佐賀 7.秋田 8.熊本 9.東京 10.埼玉
個人順位
 1.長野:佐々木 2:兵庫:中山 3.愛知:早川 4.奈良:松田
 4.熊本:酒井 6.福島:岡本 7.栃木:的場 7.福井:唐川
 9.山口:岡村 9.宮崎 :野脇
◆5区◆
順位
 1.長野 2.愛知 3.秋田 4.兵庫 5.神奈川
 6.大分 7.埼玉 8.佐賀 9.岐阜 10.熊本
個人順位
 1.長野:村澤 2:秋田:伊藤 3.大分:丸山 4.神奈川:岩間
 5.愛知:三田 6.岐阜:押川 7.埼玉:後藤田 8.福井:早川
 9.千葉:塩谷 10.佐賀:田中 10.熊本:松村
◆6区◆
順位
 1.長野 2.愛知 3.秋田 4.兵庫 5.埼玉
 6.岐阜 7.大分 8.神奈川 9.佐賀 10.熊本
個人順位
 1.鹿児島:市田 2:広島:藤川 3.静岡:三潟 3.島根:高橋
 5.岐阜:小籐 6.埼玉:藤岡 6.千葉:田中 8.福島:佐藤
 9.熊本:児玉 10.長野:両角
◆7区◆
順位
 1.長野 2.愛知 3.兵庫 4.熊本 5.埼玉
 6.大分 7.千葉 8.佐賀 9.福島 10.秋田
個人順位
 1.兵庫:北村 2.熊本:河添f 3.福岡:三津谷 4.宮城:保科f
 5.栃木:宇賀地 6.千葉:鈴木 7.埼玉:外丸 8.大分:小畑f
 9.愛知:山本 9.福島:今井f

| | Comments (101) | TrackBack (0)

第26回全国都道府県対抗女子駅伝

13日は都道府県対抗女子駅伝が行われた。
結果は、京都が11年ぶりに記録更新のおまけつきで4連覇。
2位に2分32秒差の圧勝だった。
2位は兵庫、3位は岡山。
注目の野口みずきは三重のアンカーで登場、7人抜きの区間賞で16位から9位に押し上げた。

以下、区間ごとの順位と個人順位。

◆1区◆
順位
 1.岡山 2.静岡 3.京都 4.徳島 5.愛媛
 6.東京 7.長野 8.群馬 9.熊本 10.滋賀
個人順位
 1.岡山:中村 2:静岡:松岡 3.京都:木崎 4.徳島:弘山f
 5.愛媛:清家f 6.東京:勝又 7.長野:須澤f 8.群馬:中代
 9.熊本:江藤 10.滋賀:桑城f
◆2区◆
順位
 1.京都 2.岡山 3.兵庫 4.静岡 5.宮崎
 6.愛媛 7.熊本 8.群馬 9.長野 10.鹿児島
個人順位
 1.兵庫:小林f 2.京都:湯田 3.宮崎:永田 4.岡山:浦田
 5.岐阜:垣津 6.熊本:吉本 7.三重:尾西f 7.鹿児島:立元
 9.山形:熊坂 10.群馬:松村
◆3区◆
順位
 1.京都 2.静岡 3.岡山 4.兵庫 5.愛媛
 6.宮崎 7.長野 8.群馬 9.神奈川 10.大阪
個人順位
 1.静岡:湯田 2.新潟:藤石 3.京都:久馬 4.福岡:
 5.富山:須河 6.愛知:下村 7.栃木:羽田 7.兵庫:渡辺
 9.神奈川:長谷川 10.愛媛:渡部
◆4区◆
順位
 1.京都 2.兵庫 3.岡山 4.静岡 5.宮崎
 6.愛媛 7.長野 8.熊本 9.大阪 10.福岡
個人順位
 1.京都:小崎f 2.兵庫:坂井田 3.宮崎:中尾 4.長野:小田切
 4.熊本:池田 6.岡山:森本 7.宮崎:正井 8.山形:石山
 9.鳥取:松浦 10.大阪:岩村 
◆5区◆
順位
 1.京都 2.岡山 3.兵庫 4.静岡 5.神奈川
 6.大阪 7.長野 8.宮崎 9.熊本 10.愛媛
個人順位
 1.京都:夏原 2.岡山:小原 3.兵庫:森 4.東京:須黒
 5.神奈川:青山 6.大阪:本村 7.埼玉:梅村 7.愛知:加藤
 9.三重:畑 10.新潟:山口f 10.福岡:松村
◆6区◆
順位
 1.京都 2.岡山 3.兵庫 4.神奈川 5.長野
 6.宮崎 7.熊本 8.静岡 9.愛媛 10.大阪
個人順位
 1.京都:竹中 2.岡山:久保木 3.福島:中島 3.福井:酒井
 5.埼玉:丸山 6.神奈川:相原 6.兵庫:川上 8.山形:齋藤
 9.熊本:坂田 10.長野:加藤 10.長野:加藤
◆7区◆
順位
 1.京都 2.岡山 3.兵庫 4.熊本 5.宮崎
 6.神奈川 7.静岡 8.福岡 9.鹿児島 10.宮崎:
個人順位
 1.京都:伊藤 2.熊本:城戸 3.兵庫:籔下 3.宮崎:肥田木
 5.岡山:堤 6.愛知:山元 7.鹿児島:里中 8.長崎:松本
 9.群馬:片貝 9.福岡:高藤
◆8区◆
順位
 1.京都 2.岡山 3.兵庫 4.神奈川 5.宮崎
 6.熊本 7.福岡 8.静岡 9.茨城 10.群馬
個人順位
 1.京都:久馬 2.神奈川:米津 3.茨城:北山 4.秋田:佐々木
 4.福岡:日高 6.埼玉:藤ノ木 7.新潟:小泉 8.宮崎:巣立
 9.小林: 10.静岡:佐野
◆9区◆
順位
 1.京都 2.兵庫 3.岡山 4.宮崎 5.神奈川
 6.福岡 7.熊本 8.静岡 9.三重 10.愛媛
個人順位
 1.三重:野口f 2.栃木:赤羽f 3.京都:小島 4.兵庫:脇田f
 5.長崎:扇 5.宮崎:宮内 7.福岡:今田 8.福島:馬目f
 9.愛知:大南 10.佐賀:小川f

| | Comments (99) | TrackBack (1)

世界陸上2007 最終日2

最終日、印象に残った種目。
・女子マラソン
 土佐礼子の銅メダルの走りは感動的だった。それにしても1位となったキャサリン・ヌデレバはすごい。35歳という年齢とならではのクレバーなレース展開だった。そして、2位の中国の周春秀、近年の急激に力をつけてきていて、そのとおりの結果を出している。そしてリディア・シモンも復活の5位。団体での成績は、日本は3位だった。
・男子4×400mリレー決勝
 アメリカの強さが目立ったレース。第2走から独走ペース。最後のポーランドの追い上げもすごかった。
・女子4×400mリレー決勝
 これもアメリカの強さが目立ったレース。トロッター、フェリックス、ワインバーグ、リチャーズのメンバーで、第2走者のアリソン・フェリックスが伸びる走りで2位を引き離し、そのまま独走状態。ジャマイカは最後の追い上げも届かず2位。アリソンはこれで、女子二百メートル、女子四百メートルリレーに続いて3冠。
・女子走高跳決勝
 クロアチアのブランカ・ブラシッチが2m05で優勝。優勝決定後の世界記録2m10への挑戦では失敗したが、19年前の記録を近く破ってくれるのではないかと期待させられた。

9日間の世界陸上も全競技が終わった。
例年より更に暑い夏だった大阪。その猛暑の中での大会、選手にとっては過酷なレースだっただろう。
何気にTV観戦をしている身で、多くの感動を与えてくれた。
大会を通じて、通常種目での日本のメダルは女子マラソンの銅メダル1個だけ。世界に近づいたという前評判の中でやはり世界は遠い。目指すものは近くて遠いのだろう。
そして、世界のトップアスリートはやはりトップの力を見せてくれた。
ただ、残念なのは、大会運営側にちらほらと綻びがあったこと。

| | Comments (131) | TrackBack (0)

世界陸上2007 最終日

最終日。女子マラソンで土佐礼子が銅メダル。
途中5位に下がりながらも最後にメダルを手にする粘りの走りは土佐の真骨頂。
見ごたえのある、これも感動的なレースを見せてくれた。

| | Comments (57) | TrackBack (0)

世界陸上2007 8日目

8日目、印象に残った種目。
・男子50km競歩
 入賞圏内、日本最高順位が狙える山崎勇喜を周回遅れで追いついた明石顕、谷内雄亮が励ましペースを立て直させるような動きをする。疲れていた山崎が多少でも元気を取り戻すと、世界陸上ならではの競技をみせてくれていたのが、山崎は誘導ミスによる棄権で終わってしまった。なんとも後味の悪い結果となった。あの選手のがんばりを申し訳ないだけでは済まされない、そんな憤りを覚える結果だった。
・女子4×400mリレー1次予選
 日本選手は、各選手がそれぞれに頑張って、日本記録を出したものの予選落ち。これが世界との差だろう。
・男子4×400mリレー1次予選
 第2走者の石塚が4位まで順位を引き上げ、第3走者の成迫もキープ、アンカー佐藤も粘りを見せた良いレースだったと思うがそれでも予選通過はならず。決勝は遠かった。
・女子5000m決勝
 前半は福士加代子がレースを引っ張り楽しませてくれたが、結果は14位。エチオピア、ケニア勢が上位を占めた。なんともラストの1000m、ラスト1周はあまりにもレベルが違いすぎる。国際大会では入賞さえできない競技なのに注目競技になっているのは福士の走りのおかげなのだと思う。今回も膝の痛みをかかえてのレース、それを他に見せることなく、ちゃんと見せ場を作ってくれた。
・男子4×100mリレー決勝
 日本が決勝に進んだ数少ない競技のひとつ。アメリカ1位、ジャマイカ2位、日本はイギリス、ブラジルの次、
予選に続いてまたもやアジアレコードをたたき出したにもかかわらず5位。メダルは遠い。それでも塚原、末続、高平、朝原がそれぞれの最高の走りを見せ、朝原のラストレースを飾った、感動的なレースでもあった。
・女子4×100mリレー決勝
 アメリカが1位、ジャマイカが2位。最後のジャマイカのベロニカ・キャンベルの追い上げは見ものだった。後5mあったら抜いていたかもしれない、そんなレースだった。

一週間前に始まった世界陸上も9月2日が最終日、今のところ、日本のメダルはエキシビション競技である男子1500m車椅子と男子マラソン団体のみ。これが今の日本の実力。明日の女子マラソン、どこまでの結果となるか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

世界陸上2007 7日目

7日目、印象に残った種目。
・男子4×100mリレー1次予選
 日本がアジアレコードで3位予選突破。トラックでは今大会初めての決勝進出ではないだろうか。やはり気持ち良い。
・女子200m決勝
 アリソン・フェリックスはただ一人21秒台で金メダル。2位はベロニカ・キャンベル。今回もアリソンの後半の伸びはすさまじかった。一人異次元にとんでいきそうなゴールだった。
・女子三段跳決勝
 ヤルヘニ・サビネが一回目で大ジャンプを記録してそのまま逃げ切った感じ。幅跳び金メダリストのタチアナ・レベデワは最後の2回で15mジャンプをするものの及ばず銀。でも力は十分に見せ付けてくれた。
・男子110mハードル決勝
 劉翔が金メダル。ハードルを越えるごとに加速するような走りでは見ていて興奮を覚えた。そして、急遽参加のアメリカのデービッド・ペインがパーソナルベストで3位。ここもアメリカは強い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界陸上2007 6日目

6日目、印象に残った種目。
・男子棒高跳予選
 期待の澤野大地は記録なしで予選落ち。戦略を間違えたか、やはりプレッシャーか、予選通過ラインの5m65だったが、澤野の今シーズンベストのライン。やはりプレッシャーも大きかったのだと思う。
・男子110mハードル準決勝
 日本選手は、内藤真人、田野中輔ともに6着で予選通過ならず。中国の劉翔は余裕の通過。そして、史冬鵬も。
・女子200m準決勝
 1組では100mの覇者ベロニカ・キャンベルとアリソン・フェリックスが激突。出だしはキャンベルだったが、アリソンの後半の伸びはすごかった。そして悠々と一着。
・男子200m決勝
 やはりタイソン・ゲイは強かった。後半の追い込みが爽快だ。そして大会新記録。
・男子走幅跳決勝
 最後のジャンプで逆転に継ぐ逆転。最終ジャンプでアンドリュー・ハウがイルビング・サラディノを1cm上回ったと思ったら、最後の最後でイルビング・サラディノがそれを更に10cm上回る8.57の大ジャンプ。見ごたえがあった。

| | Comments (64) | TrackBack (0)

世界陸上2007 5日目

5日目、印象に残った種目。
・男子走り高跳決勝
 金メダルを勝ち取ったドナルド・トーマス。高飛びを始めて1年半の選手。バスケットの選手だったとのこと。その空中バランスを活かしたなんともトリッキーな身のこなし。面白い選手だ。

・男子110mハードル1次予選
 内藤真人が1次予選突破。末續、池田、澤野らと並ぶゴールデン世代。彼らほどの注目度はないかもしれないが、面白い存在だ。
 また、田野中輔も1次予選突破している。
 そして、中国の劉翔は余裕の通過。また、5組でパーソナルベストで予選トップタイムを出した史冬鵬もあなどれない。アジア人短距離ハードラーとして注目したい。

・女子5000m1次予選
 世界のレベルは遠い。日本では敵なしの福士加代子がタイムでようやっと拾われ決勝進出となったものの杉原加代は予選落ち。それでも福士の試合は見るものを楽しませてくれる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

世界陸上2007 4日目

日本人にとって、ファイナリスト、メダルは遠い。
メダルが期待された室伏は6位入賞、ファイナリストが期待された為末は予選敗退、池田久美子も予選敗退、そして末続も予選敗退。
世界の壁は厚い。
いや、日本選手には何かが足りないのかもしれない、もしくは何か余分なものをもってしまっているのかもしれない。

メダリスト達の自信に満ちた戦い、集中したその顔をみて思った。
ロシアの美女軍団。800m、幅跳び、棒高跳びとでてきた選手は皆美しく、強い。強さが美しさにもでているように。

世界陸上も日程の半分を終え、日本選手はどんどん姿を消していっているが、世界レベルのスリリングな戦いはやはりみていて感動するものだ。
残り日程も楽しみたい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)