ノーベル賞

昨日に続き、今日も日本人がノーベル賞を受賞のニュースが夕方になって飛び交った。
「オワンクラゲから緑色蛍光タンパク質(GFP)を発見」で、元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員の下村脩さん(80)がノーベル賞を受賞となった。
米マサチューセッツ州在住で、学の一線を退いた今でも、自宅に研究室を作って研究を続けているとのこと。
昨日に引き続き、基礎研究での受賞。
謎を解き明かしたい、根本を知りたいという、人間の探究心が根源であろう研究。
基礎研究というと、それが直接、世の中のためになるものともわからないものなのだろうが、浪漫を感じる。
昨日の南部陽一郎氏も、下村脩氏も高齢でありながら、老いを感じさせない凛としたものをもっている。

同じく昨日ノーベル賞の受賞が決まって、「うれしくない」等と言ってみせた益川敏英氏が、南部陽一郎氏の受賞について、「ご一緒に受賞できることは最大の喜びです」とハンカチで目頭を押さえながら絞り出した後、涙の理由を「『老人性涙腺軟弱症』なんでしょうね」といったくだりも感動的だった。

南部陽一郎氏、益川敏英氏、小林誠氏、そして、下村脩氏と何れも、論文を発表、発見してから30年もたっての受賞。辛抱強いというか、期待しつつも淡々と研究を続けてきたのだろう。皆、研究にたしては非常に謙虚の方々だ。それもまた美しいと思った。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

今日のニュースから

今日は、フィギュアスケートの話題ではなく、今日のニュースから。
夜、今日のニュースに、心を揺さぶられた。

今日は、朝からニューヨーク株価暴落、そして俳優緒方拳の死のニュース。
そして、夜になって、ノーベル物理学賞を日本人研究者3名が受賞のニュースが飛び込んできた。

夜のニュースでは、これに、王監督の引退の映像が加わり、感動と、悲しみと、寂しさと、不安の入り混じった状態だ。

ノーベル物理学賞を日本人の研究者が受賞。
南部陽一郎・シカゴ大学名誉教授(87)が「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」、日本学術振興会の小林誠理事(64)と京都産業大学の益川敏英教授(68)が「クォークの世代数を予言する対称性破れの起源の発見」で受賞。受賞3名枠をすべて日本人が占めるという話題までついての快挙だ。

素粒子、クォークと理論物理学の最たるテーマでの受賞、学生の頃物理を専攻していた自分にとっては、心躍るニュースだ。そして、学生時代、物理に浪漫を抱いていたいた頃を想い、懐古的にもなってしまった。そういえば、クォークなんて雑誌もあったなとか。

そして、俳優緒方拳の死。肝臓癌と向き合った5年だったとのこと。津川雅彦のブログに最期のやりとりと時が記されているが、最後まで生きたカッコいい最期に、寂しいけれど、感じ入るものもある。

それから、王監督最後の試合。最後に勝利できなかったのは残念だったが、駆けつけた面々に、その影響力、大きさを想い、寂しくなった。
最後が野村監督との一戦であったのもよかった。野村監督には図太く、長くユニフォームを着ていて欲しいものだ。

| | Comments (57) | TrackBack (0)