ノーベル賞

昨日に続き、今日も日本人がノーベル賞を受賞のニュースが夕方になって飛び交った。
「オワンクラゲから緑色蛍光タンパク質(GFP)を発見」で、元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員の下村脩さん(80)がノーベル賞を受賞となった。
米マサチューセッツ州在住で、学の一線を退いた今でも、自宅に研究室を作って研究を続けているとのこと。
昨日に引き続き、基礎研究での受賞。
謎を解き明かしたい、根本を知りたいという、人間の探究心が根源であろう研究。
基礎研究というと、それが直接、世の中のためになるものともわからないものなのだろうが、浪漫を感じる。
昨日の南部陽一郎氏も、下村脩氏も高齢でありながら、老いを感じさせない凛としたものをもっている。

同じく昨日ノーベル賞の受賞が決まって、「うれしくない」等と言ってみせた益川敏英氏が、南部陽一郎氏の受賞について、「ご一緒に受賞できることは最大の喜びです」とハンカチで目頭を押さえながら絞り出した後、涙の理由を「『老人性涙腺軟弱症』なんでしょうね」といったくだりも感動的だった。

南部陽一郎氏、益川敏英氏、小林誠氏、そして、下村脩氏と何れも、論文を発表、発見してから30年もたっての受賞。辛抱強いというか、期待しつつも淡々と研究を続けてきたのだろう。皆、研究にたしては非常に謙虚の方々だ。それもまた美しいと思った。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

今日のニュースから

今日は、フィギュアスケートの話題ではなく、今日のニュースから。
夜、今日のニュースに、心を揺さぶられた。

今日は、朝からニューヨーク株価暴落、そして俳優緒方拳の死のニュース。
そして、夜になって、ノーベル物理学賞を日本人研究者3名が受賞のニュースが飛び込んできた。

夜のニュースでは、これに、王監督の引退の映像が加わり、感動と、悲しみと、寂しさと、不安の入り混じった状態だ。

ノーベル物理学賞を日本人の研究者が受賞。
南部陽一郎・シカゴ大学名誉教授(87)が「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」、日本学術振興会の小林誠理事(64)と京都産業大学の益川敏英教授(68)が「クォークの世代数を予言する対称性破れの起源の発見」で受賞。受賞3名枠をすべて日本人が占めるという話題までついての快挙だ。

素粒子、クォークと理論物理学の最たるテーマでの受賞、学生の頃物理を専攻していた自分にとっては、心躍るニュースだ。そして、学生時代、物理に浪漫を抱いていたいた頃を想い、懐古的にもなってしまった。そういえば、クォークなんて雑誌もあったなとか。

そして、俳優緒方拳の死。肝臓癌と向き合った5年だったとのこと。津川雅彦のブログに最期のやりとりと時が記されているが、最後まで生きたカッコいい最期に、寂しいけれど、感じ入るものもある。

それから、王監督最後の試合。最後に勝利できなかったのは残念だったが、駆けつけた面々に、その影響力、大きさを想い、寂しくなった。
最後が野村監督との一戦であったのもよかった。野村監督には図太く、長くユニフォームを着ていて欲しいものだ。

| | Comments (57) | TrackBack (0)

アートリンクin 横浜赤レンガ倉庫

先週末、出張で横浜に行ってきた。
東京→川崎→横浜という移動だったが、横浜は日本大通近くで、打ち合わせに少し時間があって、天気も良かったたので、
赤レンガ倉庫あたりまで、ふらふらと歩いてみた。
このあたりを歩くのは何年振りだろうか。
随分ときれいに整備されている。
そして、何より興味を惹かれたのはスケートリンク。
小さなリンクだが、15人くらいが滑っていただろうか。
子供、お父さん、2~40代と思われる女性達、おぼつかない足取りで滑っている人が多く、楽しそうだった。
その中で颯爽と前にバックにとリンクを廻る年配のおじさんが目立っていた。
街中の屋外リンクというのも良いものだな。
夜はライトアップされるらしい。
入場料500円、貸し靴500円。打ち合わせの後だったら...
思わず滑りたくなってしまった。
夜時間があれば行ってみようかなとも。
生憎、夜は小雨、大人しく早めにホテルに戻った。
久しぶりにスケートしてみたくさせられた日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋の香り

夜、会社からの帰り道、家の近く、金木犀の香り。
穏やかな、静かな、そんな気持ちになる、秋の訪れを感じる。
もう、金木犀の花が咲いている。
先週末、つぼみをみつけたばかり。
もう、咲いたんだ。10月になったばかりなのに。
例年より、早いおとずれなんじゃないかな。
彼岸花を見つけたのもついこの前のような気がする。
秋桜、彼岸花、金木犀、ホトトギス。
二十世紀梨、葡萄、林檎、栗、柿、焼き芋。
秋刀魚、鮭、ハタハタ。
秋の香りに秋の味。
物悲しく、淋しいけれど、甘く、おいしい季節になっていた。

| | Comments (125) | TrackBack (1)

この季節

秋の夜長というか、急に肌寒くなった夜の風にせつなくなる。
昨年、一昨年の記憶がそうさせるのだろうか。
夏クールのドラマが終わるころだから。
なんか安っぽいと自分でもおもうが、そうなんだ。
一昨年、ラストプレゼントに泣いていた。昨年は女王の教室。
何故かこの手のドラマに弱い。
今年は残念ながら、そこまでのめりこんでいるドラマはない。
ラストプレゼント、せつなかったな。これで、天海裕希と永作博美が好きになった。
このドラマで印象的なシーンは、最終回の友里が明日香に放ったグーパンチ。
明日香も友里も男前で、聡の不器用さも連太郎の一途さも、両親の静かなやさしさもみんな良い人ばかりで、悪人がいないドラマだった。
泣きすぎて頭がいたくなった。でも、なんか心が洗われた感じがして、頑張らなきゃって思えた記憶がある。
そして、昨年の女王の教室。
これも印象に残っているのは、最終回、最後の授業となった真矢の演説?。
そして、仰げば尊しを聴く真矢=天海裕希の横顔が美しかったこと。
天海裕希にすっかり惚れてしまった。
欲を言えば、真矢の強さの強調だけでなく、ストイックさが描かれていたら、真矢という人間をこの中でより深く理解できていたかもしれない。
後半で一気に良い人モードになってしまったところがやや強引にも思えたところが少し解消できたかもしれない。まあ、単なる素人評。
でも、成長して卒業していった生徒達に、思いが成就したであろう真矢に感動し、おまえも頑張れよと自分に対して思ったものだ。
それにしても不思議だ。
少し気温が下がっただけなのに、季節の変わり目をとらえ、思考まであの暑い夏の盛りとは違うのだ。

| | Comments (126) | TrackBack (1)

宙船

TOKIOが歌う中島みゆきの曲。
久しぶりにガツンと来た。
これは一人一人にエールをおくる詩。
長瀬君のシャウトも声も好きだけど、やはり中島みゆきでききたいと思った。
-->
その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ
お前が消えて喜ぶ者に お前のオールをまかせるな
<--
-->
その船は自らを 宙船と忘れているのか
その船は舞い上がる その時を忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこが船の離陸地点
<--
-->
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
<--
強烈なメッセージだ。
自分の人生を自分で生きていけ、自分で駆けて舞い上がれ、
と鼓舞し、これからだよと励ましてくれている
そんなメッセージを強烈に植えつけられた。

| | Comments (64) | TrackBack (0)

夜の色

19時過ぎ、いつの間にか暮れている。
空の色が黒くなっていた。
ほんの一ヶ月前?いや、あれは7月の頃だったろうか。夜の空の色は紺色だった。
花火や縁日の煙や屋台の匂いが似合うのは、黒ではなく紺色の空なのだと思った。
そして、いつの間にか19時過ぎで紺色よりは黒に近く暮れる季節になっていた。
夏の終わり。暑苦しく、虫の音さえ聞こえない夏の夜が終わろうとそている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つまんねーな

やっぱりつまんねーな。
良いことってなかなかないね。
スカッと気持ち良いこと。
儲かってうれしいこと。
ウキウキと心躍ること。
感動すること。
会社じゃトンとないね。
うつうつとすること。
つまんないこと。
むかつくこと。
思い通りにいかないこと。
信用できないこと。
だるいこと。
めんどうなこと。
虚しいこと。
そんなことばかり。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

うつうつに

以外に図太く強い自分がいる。
何も考えたくないから、考えないようにしている。
それも自己防衛か。
何気に笑い、仕事に励み、至極普通にしている。
けれど、周囲の一言に聞き耳をたて、
自分へと違う扱いに、
自分が入っていけない悔しさに、
ここに追いやられたふがいなさに、
黙っている自分のなさけなさに、
憤りを感じている。他人に。自分に。
何時からだろうか。結構長い間抱いている思いだったりする。
自分の辛抱強さに関心し、
他人の頑固さに辟易しつつ、自分の方が頑固だったりする。
以外に図太く強い自分がいる。
こんなに酷い仕打ちを受けて、と思っているのに、
一見普通。最近、泣いていない。
本当は、それが情けなく、ふがいない。
殴ってやりたいくせに、YAYAYA!
そう、表面の強がりとは裏腹に、すごく弱いのが素の自分。
自分に言い訳して、他人を羨み、囚われている。
愚痴り始めたら、とめどなくなりそうだから、本心をあかさない。
それは卑屈なプライド。
ちっぽけな自分。このままだと消えてしまいそうだ。
そうならないように、YAYAYA!

| | Comments (135) | TrackBack (0)

GW

連休も残すところ1日。
5連休だったけれど、28日からうきうき気分だった。
一日は短い。やりたいことは沢山あったけれど、何ができただろう。
一日は長い。いろんなことができる。
どっちだろう。長い日と短い日とどちらが多く、どちらが満足だろう。
明日が終われば、また、5勤2休の日々が始まる。Aaa3

仕事以外何もできない平日が始まる。
日常が始まる。
9時-5時の生活をしてみたい。飲みに行くわけでもなく5時に開放される。
今の時期ならまだ明るい。平日に明るい時間に開放されたいものだ。
うきうきするのはそんな時だ。
こんな気分を次に味わえるのは何時になるだろう。

| | Comments (62) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧