フィギュアスケート世界選手権 女子結果

ISU World Figure Skating Championships 2008 Ice Dancing Compulsory Dance.
世界フィギュア選手権3日目、女子シングルの結果。

◆女子 FSと結果
1 浅田真央 (JPN)        185.56
    FS:121.46(TES:61.89 PCS:60.57 -1)(2位) SP:2位
2 Carolina KOSTNER (ITA)    184.68
    FS:120.40(TES:61.88 PCS:58.52)(3位) SP:1位
3 Yu-Na KIM (KOR)       183.23
    FS:123.38(TES:64.82 PCS:58.56)(1位) SP:5位
4 中野友加里 (JPN)       177.40
    FS:116.30(TES:56.98 PCS:59.32)(4位) SP:3位
5 Joannie ROCHETTE (CAN)    174.12
    FS:114.59(TES:60.52 PCS:54.07)(5位) SP:6位
6 Sarah MEIER (SUI)      171.88
    FS:112.39(TES:56.57 PCS:55.82)(6位) SP:7位
7 Kimmie MEISSNER (USA)    149.74
    FS:92.49(TES:45.19 PCS:49.30 -2)(12位) SP:9位
8 Laura LEPISTO (FIN)     147.26
    FS:101.85(TES:54.42 PCS:47.43)(7位) SP:21位
9 Kiira KORPI (FIN)      145.73
    FS:85.15(TES:35.47 PCS:50.68 -1)(17位) SP:4位
10 Beatrisa LIANG (USA)    145.29
    FS:92.48(TES:48.54 PCS:45.94 -2)(13位) SP:10位
11 Julia SEBESTYEN (HUN)    145.17
    FS:98.13(TES:49.39 PCS:48.74)(8位) SP:19位
12 Annette DYTRT (GER)     144.31
    FS:93.32(TES:47.67 PCS:45.65)(11位) SP:12位
13 Valentina MARCHEI (ITA)   142.93
    FS:94.04(TES:50.83 PCS:43.21)(9位) SP:17位
14 Mira LEUNG (CAN)      140.59
    FS:89.90(TES:47.88 PCS:43.02 -1)(位14) SP:14位
15 Elena GLEBOVA (EST)     140.10
    FS:93.84(TES:53.32 PCS:40.52)(10位) SP:20位
16 Ashley WAGNER (USA)     137.40
    FS:85.91(TES:39.66 PCS:47.25 -1)(15位) SP:11位

1位は浅田真央。
2位はカロリナ・コストナー。
3位はキム・ヨナ。
4位に中野友加里。安藤は演技途中での棄権となった。

浅田真央は最初の3Aの踏み切りで滑ったかまさかの転倒。しかしそのあとの立て直しが素晴らしく、3-3も2回入り、FSで2位、トータルでもコストナーを僅かに上回って金メダル。

中野友加里は、最終滑走のプレッシャーを感じさせぬ、ほぼ完璧な演技で盛り上げた。観客のうけは一番よかったかもしれない。自己ベストを更新したが、表彰台には1歩とどかず。しかし昨年より順位をあげ、良い出来だったと思う。

安藤美姫は肉離れのため棄権するとのニュースもあったが、FSの競技に参加。しかし、前半のジャンプで悪化させてしまったか途中棄権となってしまった。早く治して一日も早い復帰を願う。

| | Comments (67) | TrackBack (1)

グランプリシリーズ チャイナ・カップ3日目

フィギュアスケート ISU Grand Prix Cup of China 
3日目の結果。

◆アイスダンス FDと結果
 1 Tanith BELBIN & Benjamin AGOSTO (USA)     195.11
   FD:98.41(TES:51.90 PCS:46.51)1位 CD:2位 OD:2位
 2 Oksana DOMNINA & Maxim SHABALIN (RUS)   188.66
   FD:87.69(TES:41.40 PCS:47.29 -1)3位 CD:1位 OD:1位
 3 Federica FAIELLA & Massimo SCALI (ITA)     181.10
   FD:90.62(TES:47.80 PCS:42.82)2位 CD:3位 OD:3位
 4 Alexandra ZARETSKI & Roman ZARETSKI (ISR) 161.86
   FD:78.79(TES:42.00 PCS:37.79 -1)4位 CD:4位 OD:4位
 5 Sinead KERR & John KERR (GBR)          152.99
   FD:74.54(TES:38.60 PCS:36.94 -1)6位 CD:5位 OD:5位
 6 Anna ZADOROZHNIUK & Sergei VERBILLO (UKR) 150.18
   FD:75.63(TES:42.60 PCS:33.03)5位 CD:7位 OD:6位
 7 Xintong HUANG & Xun ZHENG (CHN)        139.09
   FD:71.03(TES:41.20 PCS:29.83)7位 CD:6位 OD:8位
 8 Zoe BLANC & Pierre-Loup BOUQUET (FRA)   132.96
   FD:64.81(TES:37.00 PCS:30.81 -3)8位 CD:8位 OD:7位
 9 Jiameimei GUO & Fei MENG (CHN) 112.69
   FD:58.03(TES:34.80 PCS:23.23)9位 CD:10位 OD:10位
10 Lu LIU & Bin SUO (CHN) 108.78 9 9 10
   FD:53.39(TES:33.40 PCS:23.99 -4)10位 CD:9位 OD:9位

◆女子 FSと結果
 1 Yu-Na KIM (KOR)                 180.68
   SP:58.32(3位) FS:122.36(TES:65.56 PCS:56.80)(1位)
 2 Caroline ZHANG (USA)              156.34
   SP:58.76(2位) FS:97.58(TES:51.34 PCS:48.24 -2)(2位)
 3 Carolina KOSTNER (ITA)             143.86
   SP:60.82(1位) FS:83.04(TES:33.68 PCS:51.36 -2)(4位)
 4 村主 章枝 (JPN)                  137.13
   SP:44.76(11位) FS:92.37(TES:48.49 PCS:44.88 -1)(3位)
 5 Julia SEBESTYEN (HUN)              136.60
   SP:55.46(4位) FS:81.14(TES:35.94 PCS:47.20 -2)(5位)
 6 Beatrisa LIANG (USA)                127.42
   SP:46.44(7位) FS:80.98(TES:41.74 PCS:42.24 -3)(6位)
 7 Dan FANG (CHN)                  124.58
   SP:45.88(8位) FS:78.70(TES:42.74 PCS:36.96 -1)(7位)
 8 Susanna POYKIO (FIN)             124.00
   SP:48.48(6位) FS:76.84(TES:38.36 PCS:40.48 -1)(9位)
 9 Alissa CZISNY (USA)             120.43
   SP:51.08(5位) FS:69.35(TES:30.47 PCS:42.88 -4)(11位)
10 Binshu XU (CHN)             119.63
   SP:45.74(9位) FS:73.89(TES:38.97 PCS:37.92 -3)(10位)
11 Arina MARTINOVA (RUS)             117.38
   SP:40.54(12位) FS:76.84(TES:38.36 PCS:40.48 -2)(8位)
12 Yueren WANG (CHN)             109.71
   SP:45.48(10位) FS:64.23(TES:34.27 PCS:32.96 -3)(12位)

Yu-Na KIMが金メダル。3位からの逆転金メダルは浅田真央と同じ展開での優勝だ。
Caroline ZHANGが銀メダル。スケート・アメリカから順位を1つ上げてきた。
Carolina KOSTNERが銅メダル。
そして、村主 章枝がSP11位からの猛チャージで4位まで浮上した。

◆男子 FSと結果
 1 Johnny WEIR (USA)              231.78
   SP:79.80(2位) FS:151.98(TES:76.38 PCS:75.60)(1位)
 2 Evan LYSACEK (USA)             229.36
   SP:81.55(1位) FS:147.81(TES:74.71 PCS:74.10 -1)(2位)
 3 Stephane LAMBIEL (SUI)            192.22
   SP:70.20(3位) FS:122.02(TES:53.22 PCS:1.80 -3)(3位)
 4 Sergei DAVYDOV (BLR)            181.75
   SP:68.69(4位) FS:113.06(TES:49.46 PCS:63.60)(8位)
 5 Alexander USPENSKI (RUS)            179.94
   SP:60.90(6位) FS:119.04(TES:57.54 PCS:61.50)(4位)
 6 Karel ZELENKA (ITA)              171.03
   SP:57.19(8位) FS:113.84(TES:57.84 PCS:56.00)(7位)
 7 Shawn SAWYER (CAN)            170.94
   SP:63.41(5位) FS:107.53(TES:47.23 PCS:62.30 -2)(10位)
 8 Jamal OTHMAN (SUI)            170.27
   SP:55.74(9位) FS:114.53(TES:57.43 PCS:57.10)(5位)
 9 Jialiang WU (CHN)             168.95
   SP:58.38(7位) FS:110.57(TES:56.57 PCS:54.00)(9位)
10 Ming XU (CHN)                167.51
   SP:53.36(11位) FS:114.15(TES:61.55 PCS:52.60)(6位)
11 Chengjiang LI (CHN)            159.52
   SP:53.50(10位) FS:106.02(TES:53.82 PCS:55.20 -3)(11位)
12 柴田 嶺 (JPN)            134.19
   SP:48.70(12位) FS:85.49(TES:41.99 PCS:45.50 -2)(12位)

これまでにないハイスコアでの戦いとなった。
Johnny WEIRがパーソナルベストで金メダル。これまでで最高点、最高順位ではないだろうか。
Evan LYSACEKもパーソナルベストで銀メダル。これまでの最高点をとりながら、スケート・アメリカと同じ2位。
Stephane LAMBIELはSP、FS共に3位でトータルでも銅メダル。
3度の転倒でまだ本調子にはなっていないのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィギュアスケートグランプリシリーズ 2007/2008 まもなく開始

2007/2008 ISU Grand Prix of Figure Skating が今週後半から始まる。

◆スケジュール
 10月25日~28日 スケートアメリカ(ペンシルベニア)
 11月 1日~ 4日 スケートカナダ(ケベック)
 11月 8日~11日 中国杯(北京)
 11月15日~18日 エリック・ボンバール杯(パリ)
 11月22日~25日 ロシア杯(モスクワ)
 11月29日~12月2日 NHK杯(仙台)
 12月13日~16日 グランプリ・ファイナル(トリノ)

◆日本選手と主な選手のエントリ
・スケートアメリカ
  安藤美姫, 浅田舞, Kiira KORPI, Emily HUGHES, Kimmie MEISSNER, Caroline ZHANG
  高橋大輔 , 南里康晴 , 小塚崇彦, Evan LYSACEK, Patrick CHAN, Alban PREAUBERT
  キャシー・リード&クリス・リード
・スケートカナダ
  浅田真央, 中野友加里, 武田奈也, Emily HUGHES
  Jeffrey BUTTLE, Brian JOUBERT
  川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
・中国杯
  村主章枝, キム・ヨナ, Carolina KOSTNER, Caroline ZHANG
  柴田嶺, Chengjiang LI, Stephane LAMBIEL, Evan LYSACEK, Johnny WEIR
・エリック・ボンバール杯
  浅田真央, 澤田亜紀, Sarah MEIER, Kimmie MEISSNER
  中庭健介, Brian JOUBERT, Alban PREAUBERT, Patrick CHAN
・ロシア杯
  中野友加里, 村主章枝, キム・ヨナ, Kiira KORPI
  小塚崇彦 , Jeffrey BUTTLE, Stephane LAMBIEL, Johnny WEIR
  川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
・NHK杯
  安藤美姫, 澤田亜紀, 武田奈也, Carolina KOSTNER, Sarah MEIER, Alissa CZISNY
  高橋大輔 , 南里康晴 , 中庭健介 , Tomas VERNER, Chengjiang LI, Caroline ZHANG
  キャシー・リード&クリス・リード

| | Comments (76) | TrackBack (0)

東京ストリート陸上

27日、東京都心、丸の内のオフィス街で「東京ストリート陸上」が開催された。
これは、クイズの賞金を元手に「陸上競技に無縁な人にも間近で生の迫力を味わってもらおう」と、男子400メートル障害の為末大選手が企画したもの。
クイズ番組で得た賞金は1000万円。総額で数千万円に膨らんだ資金の調達に苦しんだが、所属先などの援助でクリアし、更に、今夏の世界選手権を控えて選手集めにも苦戦したが、「今後の陸上界のことも考えて」参加に踏み切ったという朝原らが参加。
曲折を経て実現したイベントの成功に、為末は「開催を断念しそうになった時期を思い出した。
思っていたとおりのものができたが、お客さんの数はイメージ以上だった。今日よりもお客さんが少ないのではないかと思う試合もあったほどなので、感動した。競技人生をかけて世界一を目指す一方、陸上競技場を満員にするのも大きな夢。今日はお客さんの反応を見て、スッキリできた。日頃から胸にあった、陸上の魅力はこんなものじゃないだろうという思いを、実際に披露することができて良かった」と感動を語っていた。
更に、「もっと仕掛けていきたい」と今後も新たな挑戦も語っていた。

高層ビルの谷間に設置された特設会場で、棒高跳びの有木健人選手が信号機より高いバーを飛び越えたり、朝原宣治選手と菅野優太選手の50M走や、朝原選手と為末選手の小学生とのハンデつき対決など、至近距離での目線を同じくした陸上競技に観客に迫力を見せつけた。

8月の世界陸上や来年の北京オリンピックに向けての盛り上り、さらには、選手層の拡大&底上げに繋がって欲しい。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

東京マラソン2007 結果


東京でのスポーツ大イベントとなった東京マラソンが無事終わった。
冷たい雨の中でのスタートとなったが、3万人が参加しての7時間のイベントだった。
◆男子
 1位 ダニエル・ジェンガ ケニア 2時間09分45秒
 2位 佐藤智之 旭化成 2時間11分22秒
 3位 入船敏 カネボウ 2時間12分44秒

◆女子
 1位は新谷仁美 豊田自動織機 2時間31分01秒
 有森裕子(リクルートAC)は2時間52分45秒で5位

男子は、世界陸上競技選手権大会代表選手の選考会でもあったので、TV放映されていたが、
記録を目指すアスリート達にとっては、冷たい雨の中の厳しいレースだったのが伝わってきた。
奇しくも、女子の世界陸上競技選手権大会代表の選考レースとなった東京国際女子マラソン同様の結果で、タイムは選考基準に達しなかったし、有力選手がどんどん脱落していく展開だった。

その中で、あまり注目はされなかったが、女子の初マラソン初優勝の新谷はこれからの期待に新人登場というところだろうか。
また、最後まで走りきり、5位に入った有森裕子の走りも印象にのこるものだった。

| | Comments (6) | TrackBack (1)