« November 2009 | Main | January 2010 »

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その3

全日本選手権、女子FS、主な選手の演技感想。

◆リード兄弟
ときおりクリスが悪魔にも見えてしまう情熱的な演技だった。

◆今井遥
2A-3Tを軽く決めて、3Fも決めて、3Loも決めてスピンへ。ステップも丁寧に踏んで、スパイラルへ。ややスピード感に欠けるところはあったが、次は、3S-2T-2Loを決めて、3Lo-2Tも決めて、3Sもなんとかこらえて2A
を決めてスピンへ。そしてステップからスピンでフィニッシュ。

◆藤沢亮子
3Lz-2Aを決めて、2A-3Tもなんとかおりて、3Loも決めてスピンへ。3Fも決めてレイバックスピン。そしてスパイラルから3Lz。そして2A-2T-2Tを決めて、3Tも決めてスピンへ。そしてステップを踊り切ってフィニッシュ。
全体に丁寧な演技が印象的だった。

◆後藤亜由美
最初は3Lo。3F、3Sも決めてスピンへ。そしてスパイラル。3F-2Tはなんとかこらえて、3S-2Aは綺麗に決めてスピンへ。スピンはややスピードに欠ける感じがあったが、ステップへ。ステップは丁寧だが、これもややスピード感に欠ける感じはしたが、
3T-2T-2Tを決めて、2Aを決めてスピンでフィニッシュ。

◆武田奈也
最初は3Loを綺麗に決めて、3Lzはパンク。そして2Aは綺麗に決めてスピンへ。そしてスパイラル。3Lo-2Aを決めて、3T-2Tも決めて、3Tはなんとかこらえた。2A-2T-2Loも決めてステップへ。氷上を舞う姿はダイナミックで美しく、最後はスピン、そして笑顔で締めくくった。

◆中野友加里
キレの良いスケーティングから3Lzはステップアウト。3F-2Tは綺麗に決めて、3Lz-2T-2Tを決めて得意のドーナツスピンへ。そして丁寧なスパイラル。3Fも決めて、3Tから2Aも決めて綺麗なスピン。3Sは軽く決めて、2Aも決めて、丁寧で小気味良いステップから最後はスピンで決めた。
緊張感と気合いが電波を通じてさえ伝わってくるような雰囲気。見ているものが手に汗を握ってしまったが、最後はスタンディングオベーションだった。
解説の荒川静香が珍しく感情を込めてた解説をしたのも印象的だった。

◆安藤美姫
豹柄の衣装。3Lz-2Loを軽く決めて、3Sから2Aも決めて、3Loも決めてスピンへ。スピンの入りで少しぶれがでてちょっとスピードも失ってしまった。そしてスパイラルは丁寧に決めて、3Sも綺麗に決めて、3Lzも決めてスピンへ。そして手拍子をもらってステップっから3Tはステップアウト。2Aはなんとか決めて、ステップへ。想いをこめたステップからスピンで締めくくり。

◆浅田真央
最初は大きな滑りから大きな3A。次は2A-2Tで確実に決めた。そして3F-2Loを決めてスピンへ。そしてスパイラルも丁寧に決めて、3Loを決めて、3F-2Lo-2Loも決めて、3Tも決めて2Aを軽々と決めてスピンへ。そしてここからは迫力のステップ。重い曲に負けない強い滑り、最後はスピンで締めくくった。
そして最後は天に向かってやり切った表情そして、ホッとした笑顔へ。満場のスタンディングオベーションではなかったろうか。
キス&クライでは得点をみてとっても安堵の表情だった。

◆村主章枝
最初は3Lz-2Tで3Lzが回転不足。3Fはステップアウト。2Aは綺麗に決めてフライングシットスピン。村主ワールドを作って、スパイラルを丁寧に決めて、3Sを決めて、3Lzは詰まってしまった。3F-2T-2Loはなんとか決めて2Aから1Aに。そしてスピン、ステップからコンビネーションでフィニッシュ。
演技終了後、リンクの中を滑る中、どんなことを考えていたのだろうか。

◆鈴木明子
最初は3F-2T-2Loを決めて、3Tから2Aも決めて、3Loはなんとか決めたかに見えたが転倒。そしてスピンを丁寧にこなしてスパイラルへ。3Fは決めて、3Lzも決めて、3Loから2Aも決めて、3Sも決めてスピンへ。やや軸がぶれたが、次はスピードにのってのステップ。躍動感にあふれた踊り。そして最後はスピンでフィニッシュ。
全体に自信にあふれた強い演技、演技後は満面の笑顔と、思わず涙ぐんでいた。
キス&クライでは得点を聞いて思わず大泣きだった。

◆村上佳菜子
最初は演技買いポジションを間違え会場の笑いをさそってしまった。そして3Lzが1Lzに。次は3Fを綺麗に決めて、3Sから2Aを決めてスピンも決めて、軽快な滑りから2Aも決めてコンビネーションスピン。後半に入って、スローパートを集中して表現、スパイラル、そして3Tを決めて、3S-2Lo-2Loも決めてステップへ。ここも小気味よく、頑張った滑りからスピンで締めくくり。
演技後はやや表情がひきつっていたかもしれないけれど、やっと終わったという感じ。


この大会で、2009/2010シーズンの対外大会への出場者が決まる。
特に今シーズンはオリンピックイヤー、4年に一度の大会は、出場権をめぐる大会から
熱く、厳しい、そして勝負は非情だ。

4年前の大会では、あと少しで表彰台にのれなかった村主。
4年前の大会で、演技も多分心も打ち砕かれた安藤。
4年前の大会切符にあと少しで届かなかった中野。
4年前は、実力がありながらオリンピック出場資格がなかった浅田。
4年前は、オリンピックなど考えられず、苦しんでいただろう鈴木。
そんな、それぞれの4年分、いやそれ以上の想いを背負っての演技だったと思う。

結果は、浅田、鈴木、安藤がオリンピックへ。
村主、中野は残念ながら出場はかなわなかった。
皆が、色々なものを背負って4年を過ごし、でも皆が欲しいものを手にできるわけでは
ない。出場枠が足りないと言ってしまえばそれまで。いつも最高の舞台への戦いは非情だ。

そんな張りつめた最終グループの中で、最終滑走を務め、5位に位置づけた村上佳菜子。
怖さを垣間見たのではないだろうか。4年後彼女はこの舞台に立つのかはまだ分からないが、貴重な体験を得たことは間違いない。

| | Comments (152) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その2

全日本選手権、アイスダンス結果。

1. キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)  163.37
   FD:82.62(TES:44.50 PCS:38.12) OD:49.58 CD:31.17
2. 平井 絵己&水谷 太洋(関西大学/法政大学)         119.49
   FD:56.81(TES:30.80 PCS:28.01 -2) OD:37.67 CD:25.01

| | Comments (181) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その1

全日本選手権、男子FSが終わった。主な選手の演技感想。

◆女子シングル結果
1 浅田 真央(中京大学)        204.62
     SP:69.12 1位 FS:135.50(TES:67.90 PCS:67.60) 1位
2 鈴木 明子(邦和スポーツランド)  195.90
     SP:67.84 4位 FS:128.06(TES:65.78 PCS:63.28 -1) 2位
3 中野 友加里(プリンスホテル) 195.73
     SP:68.90 2位 FS:126.83(TES:63.55 PCS:63.28) 3位
4 安藤 美姫(トヨタ自動車) 185.44
     SP:68.68 3位 FS:116.76(TES:52.12 PCS:64.64) 4位
5 村上 佳菜子(グランプリ東海クラブ 176.61
     SP:60.28 5位 FS:116.33(TES:59.77 PCS:56.56) 5位
6 今井 遥(日本橋女学館) 166.16
     SP:55.98 7位 FS:110.18(TES:59.46 PCS:50.72) 6位
7 村主 章枝(AK) 161.29
     SP:58.70 6位 FS:102.59(TES:42.83 PCS:59.76) 9位
8 後藤 亜由美(愛み大瑞穂高) 159.15
     SP:55.96 8位 FS:103.19(TES:57.75 PCS:45.44) 8位
9 武田 奈也(早稲田大学) 158.81
     SP:54.54 12位 FS:104.27(TES:52.27 PCS:52.00) 7位
10 藤沢 亮子(飯塚フィギュアクラブ) 157.88
     SP:55.82 9位 FS:102.06(TES:53.98 PCS:48.08) 11位
11 毛間内 かれん(日本橋女学館) 150.97
     SP:48.50 19位 FS:102.47(TES:60.39 PCS:42.08) 10位
12 中村 愛音(中京大中京高校) 148.42
     SP:54.60 11位 FS:93.82(TES:47.54 PCS:47.28 -1) 13位
13 村元 小月(関西大学) 144.73
     SP:53.34 17位 FS:94.67(TES:46.43 PCS:48.24) 12位
14 國分 紫苑(ROYCE'F・S・C(札)) 141.57
     SP:51.12 16位 FS:90.45(TES:47.65 PCS:42.80) 14位
15 高山 睦美(明治大学) 138.78
     SP:54.92 10位 FS:83.86(TES:38.78 PCS:46.08 -1) 17位

1位は、浅田真央
2位は、鈴木 明子
3位は、中野 友加里
そして4位に安藤 美姫、5位に村上佳菜子。村主は7位だった。

なんとも熾烈な争い。
これで、オリンピックの切符がきられるのだが、なぜ3枚しかないの、といいたい、そんな選手たちのがんばりだったと思う。

グランプリシリーズとは比べ物にならないくらいの緊張感と迫力のあるアスリートたちの戦いをみせてくれたと思う。

| | Comments (129) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その5

全日本選手権、男子FSが終わった。主な選手の演技感想。

◆織田信成
4Tは転倒。3A-3Tは大きなジャンプでなんとかこらえてスピンへ。3Sは綺麗に決めて、サーキュラーステップでは手拍子ももらって、後半へ。スピードにのって、3Aは高いジャンプ。3Lz-2T-2Tも決めて、3F-2T、
3Loも決めてスピン。そして2Aもしなやかに決めてステップに。身体を大きく使ったステップで、最後はスピンでフィニッシュ。
演技後は満面の笑顔でのあいさつ。キス&クライでも満足の表情だった。

◆無良崇人
4Tは転倒。3Aは1Aにパンク。3Lz-2Tは綺麗に決めてスピンへ。そしてゆったりとした丁寧なステップ。3Lzはなんとかこらえたが、次の3Aも1Aに、3Fは決めたが、次は2Sに、そしてスピン。そして3Lzはステップアウト、そしてスピン。そしてストレートラインステップでフィニッシュ。
体調不良の中の強行出場だったようで、後半はスピードもやや落ちてきて最後のステップはかなり苦しい中での滑りだったようだ。

◆郡山智之
最初の3Aは転倒。3Lzは詰まった着氷。3S-2Tは綺麗に決めてスピンへ。サーキュラーステップは音をうまくとらえたステップ、そしてスピンへ。そして後半に入って、3Sをなんとか決めて、3Tは綺麗に決めて、2A-2T-2Tも決めたが、次の2Aは1Aに、次の3T-2Tは決めた。そしてストレートラインステップは、細かい足さばき、軽快な動きでリズムにのり小気味よく、最後はスピンでフィニッシュ。

◆小塚崇彦
綺麗な身のこなしから、最初のジャンプは3Lz。3A-3Tを決めて、3Lz-2T-2Loは詰まりながらもなんとか決めてスピンへ。そして深いサーキュラーステップ。後半に入って、3S-2Tを決めてスピンへ。そして3Aをなんとか決めて、3Fは2Fに、3Loはなっとかこらえたが、最後のジャンプは2Aは1Aに。そして流れるような美しい身のこなしのステップから最後は高速スピンでフィニッシュ。
挨拶をする姿は安堵の表情だったのではないだろうか。

◆高橋大輔
最初から雰囲気を作り上げて、4Tはなんとか降りたがやや回転不足か。3A-2Tは難なく決めて、3Aも決めてスピンへ。そしてサーキュラーステップは軽快に楽しく、観客の手拍子ももらって審判へもアピールして後半へ。3F-3Tはなんとか決めて、3Loはステップアウト、3Lzからの3連続は単発に、3Sは決めて、3Lzも決めてスピンへ。そして渾身のステップからスピンでフィニッシュ。
演技後の笑顔は、演技の続きなのか自分へのものなのか、安堵なのかそんな表情だった。

| | Comments (306) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その4

全日本選手権、ペアFS、アイスダンスODの結果。

◆ペア結果
高橋 成美&マーヴィン・トラン(アクアリンクちばクラブ/カナダ) 151.17
     SP:50.96 FS:100.21(TES:54.37 PCS:45.84)

◆アイスダンスOD
1 キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)
     OD:49.58(TES:25.40 PCS:24.18) CD:31.17
2 平井 絵己&水谷 太洋(関西大学/法政大学)
     OD:37.67(TES:19.70 PCS:17.97) CD:25.01

| | Comments (124) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その3

全日本選手権、男子FS、そしてオリンピック代表も決まる。

1 高橋 大輔(関西大学) 261.13
     SP:92.85 1位 FS:168.28(TES:79.98 PCS:88.30) 1位
2 織田 信成(関西大学) 244.30
     SP:79.60 3位 FS:164.70(TES:85.00 PCS:80.70 -1) 2位
3 小塚 崇彦(トヨタ自動車) 236.13
     SP:80.54 2位 FS:155.59(TES:75.89 PCS:79.70) 3位
4 町田 樹(関西大学) 215.02
     SP:75.35 4位 FS:139.67(TES:70.77 PCS:68.90) 4位
5 南里 康晴((株)ふくや) 201.01
     SP:68.88 7位 FS:132.13(TES:65.53 PCS:66.60) 6位
6 羽生 結弦(宮城FSC) 195.22 13 5
     SP:57.99 13位 FS:137.23(TES:72.03 PCS:65.20) 5位
7 中村 健人(明治神宮外苑FSC) 188.39
     SP:61.10 10位 FS:127.29(TES:66.29 PCS:63.00 -2) 7位
8 田中 刑事(倉敷FSC) 187.26 9 8
     SP:65.90 9位 FS:121.36(TES:63.86 PCS:57.50) 8位
9 佐々木 彰生(明治大学) 179.83
     SP:59.15 12位 FS:120.68(TES:56.28 PCS:65.40 -1) 9位
10 無良 崇人(中京大学) 177.78
     SP:74.85 5位 FS:102.93(TES:38.13 PCS:65.80 -1) 14位
11 郡山 智之(福岡大学) 176.18
     SP:69.39 6位 FS:106.79(TES:45.79 PCS:62.00 -1) 13位
12 中庭 健介(パピオフィギュアクラブ) 169.14
     SP:68.52 8位 FS:100.62(TES:39.22 PCS:63.40 -2) 18位
13 小林 宏一(新横浜プリンスFSC) 166.65
     SP:57.08 15位 FS:109.57(TES:56.47 PCS:53.10) 10位
14 斎藤 直人(東北福祉大学) 162.47
     SP:54.39 18位 FS:108.08(TES:54.58 PCS:53.50) 11位
15 柴田 嶺(glow) 161.49
     SP:60.40 11位 FS:101.09(TES:46.49 PCS:57.60 -3) 17位

1位は、高橋大輔。SPの貯金もあったが、FSも1位。PCSがダントツの88点以上。
2位は、織田信成。SP3位からひつつ順位をあげての2位。4Tは試みたが転倒した模様。
それ以外は完ぺきな出来で、TESは一人だけ80点台を出した。
3位は、小塚崇彦。順位は落としたが、4位以下に大差をつけての表彰台。

5位に入った町田樹の急成長、そして6位に入った羽生結弦の健闘が次の世代への期待をうかがわせてくれた。

| | Comments (210) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その2

全日本選手権、女子SPの演技感想。

◆国分紫苑
3Lz-2T、3F、2Aとジャンプを決めてスピンへ。そしてスピードにのったスパイラル。
丁寧なステップ。スピンもポジションは綺麗に決めていたが、後半はスピードがやや落ちてきていたのが残念だった。

◆村主章枝
3Lzのコンビネーションで転倒。しかし、3Fを綺麗に決めて、しっとりとしたスピン。そしてスパイラル、そして2Aも綺麗に決めてスピンへ。そして自信を感じさせるステップ。最後はスピンでフィニッシュ。
最初の転倒の動じることなく、すぐさま村主ワールドに引き込んでいく演技はさすがという演技だった

◆浅田真央
最初は3A-2Tを決めた。そして3Fも余裕のあるジャンプ、そしてスピン。そしてスパイラル。そしてさらに余裕の2Aからスピン。そしてステップは楽しげに舞う姿さえ表現してのかろやかな滑り、そしてスピンで笑顔のフィニッシュ。
3Aが回転不足と判定されてしまったのは残念だったが、演技中の華やかさ、そして演技後の笑顔、プレゼントをもらう笑顔、キス&クライでの表情と、久しぶりに明るい姿がみれたのが良かった。

◆西野友毬
最初はスパイラルから。そして3Lz-2T。3Tからスピン。そしてステップ。2Aは1Aに、スピンから最後はコンビネーションスピンで締めくくり。
しばらく見ない間に身体も大きく成長、綺麗な滑りをみせてくれた。

◆武田奈也
最初は3T-2Tを決めて、次の3Loはなんとかこらえて、2Aは綺麗に決めてスピンへ。そしてスパイラル、そして楽しげなステップ。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。
なんとも、楽しげな笑顔、踊っている感じが印象的な演技だった。

◆村上佳菜子
最初はなんと3T-3T。そして3Fも綺麗に決めて、2Aも決めてしまった。そしてスピン。そしてスパイラル。そしてビールマンスピンからステップに。最後はスピンでフィニッシュ。
そして、演技後の満面の笑顔がなんとも楽しげで良かった。
スパイラルのつなぎがややぎこちなかったり、スピンのスピードがやや欠けたかなという感じはあったが、音にのったメリハリの付け方、身のこなしが小気味よい演技だった。

◆村元小月
最初の3Loで転倒。しかし次の3S-2Tは決めてスピンへ。そしてスパイラル。そして2Aは綺麗に決めてレイバックスピン。そして丁寧なステップからスピンでフィニッシュ。
丁寧なしっとりとした演技が印象的だった。

◆鈴木明子
3F-2Tを綺麗に決めて、スピードにのって3Loをなんとか決めて丁寧にスピン。
そしてスパイラル。そして2Aも綺麗にきめてスピンへ。そして表情豊かなでメリハリの
利いたステップからスピンでフィニッシュ。

◆中野友加里
静から動へ、3Lz-2Tを決めて、3Loも綺麗に決めて得意のドーナツスピン。そしてスピードにのってスパイラルへ。そして2Aも綺麗に決めてしっとりとした滑りのステップからスピン。最後は美しいコンビネーションスピンでフィニッシュ。
演技後のホッとした表情が印象的だった。
そして、最後はいつの間にかスタンディングオベーションだった。

◆安藤美姫
最初は3Lz-2Lo。そして3Fは余裕で決めて、2Aも綺麗に決めてスピンへ。そしてしっとりとしたスパイラルからスピン。そして気合いを込めてステップへ。キレのあるメリハリの利いたステップからスピンでフィニッシュ。
演技後は安心した落ち着いた笑顔だった。

| | Comments (155) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その1

全日本選手権、いよいよ女子SP。

◆女子シングルSP
1 浅田 真央(中京大学)        69.12(TES:36.84 PCS:32.28)
2 中野 友加里(プリンスホテル)    68.90(TES:38.70 PCS:30.20)
3 安藤 美姫(トヨタ自動車)      68.68(TES:36.80 PCS:31.88)
4 鈴木 明子(邦和スポーツランド)   67.84(TES:37.80 PCS:30.04)
5 村上 佳菜子(グランプリ東海クラブ) 60.28(TES:33.80 PCS:26.48)
6 村主 章枝(AK)           58.70(TES:31.10 PCS:28.60 -1)
7 今井 遥(日本橋女学館)       55.98(TES:32.90 PCS:23.08)
8 後藤 亜由美(愛み大瑞穂高)     55.96(TES:33.80 PCS:22.16)
9 藤沢 亮子(飯塚フィギュアクラブ)  55.82(TES:34.30 PCS:21.52)
10 高山 睦美(明治大学)        54.92(TES:31.68 PCS:23.24)
11 中村 愛音(中京大中京高校)     54.60(TES:32.80 PCS:21.80)
12 武田 奈也(早稲田大学)       54.54(TES:29.74 PCS:24.80)
13 村元 哉中(神戸PFSC)        53.34(TES:31.50 PCS:21.84)
14 西野 友毬(武蔵野学院)       53.26(TES:29.70 PCS:23.56)
15 澤田 亜紀(関西大学)        51.48(TES:30.40 PCS:21.08)
16 國分 紫苑(ROYCE'F・S・C(札))   51.12(TES:31.20 PCS:19.92)
17 村元 小月(関西大学)        50.06(TES:27.90 PCS:23.16 -1)

浅田真央が1位。中野友加里が2位。安藤美紀が3位。鈴木明子が4位。村主章枝が6位。
1位から4位までは2ポイント以内という僅差の結果となった。

| | Comments (214) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 1日目その2

全日本選手権、ペアSPとアイスダンスCDの結果

◆ペアSP
1 高橋成美&マーヴィン・トラン(アクアリンクちばクラブ/カナダ)
          50.96(TES:28.76 PCS:22.20)

◆アイスダンスCD
1 キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)
          31.17(TES:15.94 PCS:15.23)
2 平井絵己&水谷太洋(関西大学/法政大学)
          25.01(TES:14.18 PCS:10.83)

| | Comments (201) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 1日目

全日本選手権が始まった。
まずは、男子シングルSPから。

◆男子シングルSP
1 高橋 大輔(関西大学)    92.85(TES:51.20 PCS:41.65)
2 小塚 崇彦(トヨタ自動車)  80.54(TES:43.04 PCS:37.50)
3 織田 信成(関西大学)    79.60(TES:42.70 PCS:37.90 -1)
4 町田 樹(関西大学)     75.35(TES:42.60 PCS:32.75)
5 無良 崇人(中京大学)    74.85(TES:41.70 PCS:33.15)
6 郡山 智之(福岡大学)    69.39(TES:38.84 PCS:30.55)
7 南里 康晴(㈱ふくや)    68.88(TES:35.98 PCS:32.90)
8 中庭 健介(パピオフィギュアクラブ)68.52(TES:36.22 PCS:33.30 -1)
9 田中 刑事(倉敷FSC)    65.90(TES:40.20 PCS:25.70)
10 中村 健人(明治神宮外苑FSC)61.10(TES:31.00 PCS:30.10)
11 柴田 嶺(glow)       60.40(TES:32.00 PCS:28.40)
12 佐々木 彰生(明治大学)   59.15(TES:30.50 PCS:29.65)
13 羽生 結弦(宮城FSC)    57.99(TES:29.24 PCS:29.75 -1)

◆無良崇人
3Lz-3Tを綺麗に決め、3Aも綺麗に決め、3Fも決めてジャンプは完ぺき。
スピン、ステップもミスなくまずまずの出来だった。

◆南里康晴
最初は3Aを綺麗に決め、3F-3Tのコンビネーションは3Fで手をついて単発に。
次の3Lzに2Tをつけてコンビネーションに。
そしてスピン、ステップを丁寧に演じていた。

◆高橋 大輔
最初は3F-3T。そして3Aはちょっとつまった感じ。3Lzは余裕で決めてスピンへ。
そしてステップは身体を綺麗に使ってキレのある踊りを見せてくれた。スピンもためがあって綺麗ではあったが、やや回転が足りないのではと感じてしまうところはあった。
が、全体のキレと表現は華麗な演技だった。

◆小塚崇彦
3Lz-3Tは大きく綺麗なジャンプ。3Aはちょっとお手付き。そしてスピン。
3Fも決めてステップへ。流れるような滑りとスピード感、綺麗なポジションのスピン。
つぎのステップで思わずバランスを崩してお手付き、でも全体に綺麗なステップ。
最後はロングスピンでフィニッシュ。

◆町田樹
3F-3T、3A、3Lzとジャンプはほぼ完ぺきな出来。
そしてステップ、スピンも渾身の力での演技、まずまずの演技をみせてくれた。

◆織田信成
3Aは綺麗に決めて、3Lz-3Tも綺麗に決めて、3Fはめずらしく転倒。
ステップは丁寧に、そしてスピードのあるスピン。ステップにやや硬さがあったが滑り切ったという感じだった。

| | Comments (160) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権

いよいよ、全日本選手権が始まる。
大会スケジュールとTV放送スケジュール

◆大会スケジュール
12月25日 16:30-16:45 アイスダンス CD
12月25日 16:50-17:05 ペア SP
12月25日 18:25-21:15 男子シングル SP
12月26日 13:00-13:20 アイスダンス OD
12月26日 13:20-13:35 ペア FS
12月26日 13:50-17:50 女子シングル SP
12月26日 18:05-22:00 男子シングル FS
12月27日 15:00-15:15 アイスダンス FD
12月27日 15:30-19:25 女子シングル FS

◆TV放送スケジュール フジテレビ
12月25日(金)23:00~24:00 男子SP
12月26日(土)19:00~21:09 女子SP
12月26日(土)23:25~24:40 男FS
12月27日(日)19:00~21:24 女子FS

◆メダリストオンアイス2009
12月28日(月)19:00~20:54

この大会は、オリンピックの最終選考会にもなる大会。
競技後、12月27日の21時から、代表の発表会も行われる。

| | Comments (112) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル4日目その2

グランプリ・ファイナル4日目、エキシビションの感想
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

◆高橋大輔 ラブレター
しっとりとして切ない音楽に、滑らかな身のこなし、ジャンプも余裕をもった静かだがカッコイイ滑りをみせてくれた。

◆アオリオ・サフチェンコ&ロビン・ソルコビー ペア銅メダル ファッシネーション
ラフな衣装で、ちょっと昔の若者の軽快なカッコよさを表現した演技だった。

◆ジョニー・ウィアー 男子シングル銅メダル ポーカーフェース・レディーガル
メイクをしての登場。ジョニー・ディップを思い浮かべてしまうのは私だけだろうか。
ちょっと奇抜で、独特の世界観があって、男というか、中性的というか、独特の色気のあるそれでいてキレのある演技だった。

◆鈴木明子 女子シングル銅メダル カリブ
試合よりスピードがあるのではと思わせる溌剌としたステップ。エキシビションではこれでもかというくらいのステップの連続だった。

◆ホウ・セイ&トウ・ケン ペア銀メダル クレインズ・クライ
しっとりと切ない音楽で、繊細な滑りの中にダイナミックなエレメンツを見せてくれた。

◆織田信成 男子シングル銀メダル オースティン・パワーズ
最初は3Aからの入り、そしてコミカルなステップから、氷上に横になっての演技、途中、モロゾフとの抱擁そして大コケ、そこに綺麗なスピンも加わって、見ている側の頬が思わず緩むような演技だった。

◆メリル・デイビス&チャーリー&ホワイト アイスダンス金メダル ビリー・ジーン
若い2人の恋の絡みを、確実なスケーティングでしっとりと切なく見せてくれた。

◆シン・セツ&チョウ・コウバク ペア金メダル ハンガリー狂詩曲第2番
しっとりとした曲に合わせて、ダイナミックで美しいリフト、そのポーズのひとつひとつに大人の演技者の魅力を存分に見せてくれた。

◆安藤美姫 女子シングル銀メダル クイーン・オブ・ザ・ナイト
最初は3Lzから。スピード感のある滑りに、華やかさというより引き締まった雰囲気を作って、スケートに対する気持ちをみせてくれたような印象をうけた。

◆エバン・ライサチェック 男子シングル金メダル アラウンド・ザ・ワールド
長い手足を更に大きく広げて、優雅にダイナミックな滑り、ジャンプも高くスピード感もあって、かつ表情も楽しげ、エキシビションの良さを十分に見せてくれた。

◆キム・ヨナ 女子シングル金メダル ドント・ストップ・ザ・ミュージック
へそ出しのセクシーな衣装で軽快な滑り、そして妖艶な表情。手、上半身の動きは色っぽさまで演出して見せていた。

| | Comments (80) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル4日目その1

グランプリ・ファイナル4日目、女子シングルFSとアイスダンスFDが行われた。
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
4日目の演技も終わった。

◆ジュニア女子シングル結果
1 村上 佳菜子(JPN) 160.53
     SP:59.52 2位 FS:101.01(TES:54.09 PCS:47.92 -1) 1位
2 Polina SHELEPEN(RUS) 159.29
     SP:59.54 1位 FS:99.75(TES:55.59 PCS:44.16) 2位
3 Christina GAO(USA) 151.47 5 3
     SP:52.82 5位 FS:98.65(TES:56.33 PCS:42.32) 3位
4 Ksenia MAKAROVA(RUS) 147.29
     SP:55.38 3位 FS:91.91(TES:47.91 PCS:44.00) 4位
5 Anna OVCHAROVA(RUS) 144.96
     SP:54.92 4位 FS:90.04(TES:47.28 PCS:43.76 -1) 6位
6 Angela MAXWELL(USA) 137.55
     SP:47.28 8位 FS:90.27(TES:48.03 PCS:42.24) 5位
7 Kiri BAGA(USA) 122.35
     SP:49.58 7位 FS:72.77(TES:35.53 PCS:40.24 -3) 7位
8 Ellie KAWAMURA(USA) 120.93
     SP:50.30 6位 FS:70.63(TES:31.39 PCS:40.24 -1) 8位

村上佳菜子が逆転で金メダル。

これで、ジュニアは、男女そろって日本勢が金メダルを射止めた。


◆ジュニア アイスダンス結果
1 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(RUS) 141.21
     OD:55.70 1位 FD:85.51(TES:42.80 PCS:42.71) 1位
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(RUS) 139.36
     OD:54.35 3位 FD:85.01(TES:42.20 PCS:42.81) 2位
3 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(USA) 138.75
     OD:55.21 2位 FD:83.54(TES:41.50 PCS:42.04) 3位
4 Kharis RALPH / Asher HILL(CAN) 124.75
     OD:48.84 4位 FD:75.91(TES:39.50 PCS:36.41) 4位
5 Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO(RUS) 119.50
     OD:46.68 5位 FD:72.82(TES:36.70 PCS:36.12) 5位
6 Isabella CANNUSCIO / Ian LORELLO(USA) 118.11
     OD:46.48 6位 FD:71.63(TES:38.20 PCS:33.43) 6位
7 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(ITA) 106.78
     OD:39.03 8位 FD:67.75(TES:34.40 PCS:33.35) 7位
8 Marina ANTIPOVA / Artem KUDASHEV(RUS) 106.69
     OD:42.17 7位 FD:64.52(TES:34.40 PCS:30.12) 8位

| | Comments (288) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その6

グランプリ・ファイナル3日目、女子シングルの感想
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

女子のFSの演技感想。

◆アシュリー・ワグナー
3F-2T-2Tを決めて、次は3Lo単独に、そしてスピン。そして安定したスパイラル。
そして2Aを決めて、後半へ。3Sはなんとか決めて、3Lo-2Aを決めて、3F-2Aは3Fで2フット。そして3Lzも2フット。そしてスピンからステップに。最後はビールマンスピンでフィニッシュ。

◆鈴木明子
最初は3F-2T-2Loを決めて、次の3T-2Aも決めて、3Loも決めてスピンも丁寧に決めた。そしてスパイラルも丁寧に決めて後半に。3Fも決めて、3Lzはなんとか降りた。
そして3Lo-2Aも決めて、3Sも決めてスピンへ。そしてステップでは手拍子ももらって、キレの良い滑りをみせてくれ、最後はスピンでフィニッシュ。
演技はやりきったという表情。

◆ジョアニー・ロシェット
最初は2Lzに。3Fも2フット。次は1Loにすっぽ抜け。スピンは丁寧に決めて、スパイラルも丁寧に滑って後半に。そして3Lzは2Lzに。3T-3Sは決めて、2Aも決めてスピンでは拍手ももらった。3Sは2フット。そしてサーキュラーラインステップからスピンでフィニッシュ。
ジャンプの失敗に、演技後は頭を振り、キスクラでも残念そうな表情が印象的だった。

◆アリーナ・レオノワ
最初は3T-2Tでターンが入ってしまった。そしてスパイラル。そして3Lzは着氷が乱れた。
2Aは決めてスピンでは手拍子ももらった。3Loでは両手付き。そして2F-1Tに。
そしてスピンからステップ。そして3S-2T-2Loは最後が2フット。3Fは決めて、スピンでフィニッシュ。
最後は笑顔で決めてはくれたが、演技後は沈んだ表情になってしまった。
キスクラでは泣きだしそうな不安気な表情がいつも溌剌な彼女だけに痛々しかった。

◆キム・ヨナ
最初は3Lzでぶれて、3Lz-2Tに。3Fは決めて、イナバウアーから2A-2T-2Loは綺麗に決めてスピンへ。スパイラルも丁寧に決めて後半に。2A-3Tは後半の3Tが回転不足。3Sは決めて、3Lzも決めてステップへ。やや勢いにかけるステップ、そして2Aからスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。
演技終了後は苦笑いの表情だった。

◆安藤美姫
最初は3Lz-2Tで決めて、次は2A-2Tに。そしてスピンに。3Loは綺麗に決めてスパイラルに。後半に入って、3Sは回転不足でお手付き。3Lzは綺麗に決めてスピンも丁寧に決めて、手拍子の中、3T-2Loー2Loも決めて2Aも決めて、手拍子の中でのステップ。
最後はスピンでフィニッシュ。
演技後に天を仰いだのは、やりきった感とひとつのジャンプの失敗のためだったか。
キスクラでのモロゾフと安藤の表情は、少し点数が足りないという感じだったろうか。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その5

グランプリ・ファイナル3日目、女子シングルの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

女子のFSが終わった。

◆女子の結果
1 Yu-Na KIM(KOR) 188.86
     SP:65.64 2位 FS:123.22(TES:61.70 PCS:61.52) 1位
2 Miki ANDO(JPN) 185.94
     SP:66.20 1位 FS:119.74(TES:58.62 PCS:61.12) 2位
3 Akiko SUZUKI(JPN) 174.00
     SP:57.54 5位 FS:116.46(TES:63.58 PCS:52.88) 3位
4 Ashley WAGNER(USA) 162.07
     SP:54.26 6位 FS:107.81(TES:55.97 PCS:51.84) 4位
5 Joannie ROCHETTE(CAN) 156.71
     SP:60.94 4位 FS:95.77(TES:39.05 PCS:56.72) 5位
6 Alena LEONOVA(RUS) 156.55
     SP:61.60 3位 FS:94.95(TES:43.79 PCS:52.16 -1) 6位

1位は、キム・ヨナが逆転金メダル。
2位に、安藤美姫。
3位に、鈴木明子。

男子同様、リンクに魔物がいたような結果。
確実な演技を目指したのだろうが、ジャンプが完ぺきに決まった選手はいなかった。
より少ないミスに抑えた選手が優勝した、そんな感じだった。
結局、3-3を跳んだ選手もいなかった。

これで、安藤美姫のオリンピック代表が内定した。
あと2枠は、全日本選手権で決まる。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その4

グランプリ・ファイナル3日目、男子シングルの感想
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

男子のFSの演技感想。

◆トマッシュ・ベルネル
最初はすっぽ抜けて2T。そして次の4Tは綺麗にきめた。そして3Aも決めて、手拍子をもらってステップに。そしてスピン。後半に入って、3A-2Tを綺麗にきめた。そして3Lzでは転倒、3Fは1Fに、3Sも1Sに、3Loも1Loに、そしてスピンからステップへ。それでも最後のスピンは丁寧に決めた。

◆ジェレミー・アボット
最初の4Tは転倒。次の3Fは綺麗に決めて、3A-3Tも綺麗に決めて、丁寧なスピン、そしてステップ。2Aも綺麗に決めて後半へ。3Lzを決めて、3Lz-3T-2Loも綺麗に決めて、3Loも決めてスピンへ。そして3S-2Tも決めてステップへ、スピンでフィニッシュ。

◆ジョニー・ウィアー
最初は3F、3Aはなんとか決めて、3Sも決めて、次は3A-2Tを強引に決めた。
そしてスピンから妖艶なステップ。後半に入って、3Lo、3Lz、そして3Lz-3Tを決めて、2Aを決めてスピンはレベル4、そして独特の上体の動きを見せるステップからスピンでフィニッシュ。

◆織田信成
最初は3Lz。そして綺麗な3A-3Tからスピン。そして3Sも綺麗に決めてサーキュラーステップ。
後半に入って、3Aは1Aに抜けてしまったが、3Lz-3T-2Loは綺麗に決めて、3F-2Tも決めて3Loも決めてスピンへ。3Aがまたも1Aに、気を取り直して、手拍子をもらってステップへ、そして最後はスピンでフィニッシュ。
なんとなく悲しいフィニッシュが当人の気持ちまで表わしてしまったような表情だった。

◆エバン・ライサチェック
最初は3Lz-3Tを決めて、3Aもなんとか決めて、3Sも決めてサキュラーステップへ。
そしてスピン。後半に入って3Aは1Aに。3Loはなんとか決めて、3F-3Tは綺麗に決めて、3Lzも決めて2Amo決めてスピンへ。そして情熱のステップ、最後はスピンでフィニッシュ。

◆高橋大輔
最初は4Tを跳んだが回転不足で転倒。次の3A-2Tは綺麗に決めた。3Aは2Aの回転不足に。
そしてスピンではややバランスを崩してしまった。サーキュラーステップでは手拍子ももらって軽快に滑って、後半に。3Lz-3Tは後半が1Tに、3Loはなんとか決めて、3Lz-2Tはなんとか決めて、3Sも決めて、3Fも決めた。そしてスピンに、そしてステップからスピンでフィニッシュ。
ただ、結果は、最後の2つのスピンがノーカウントになり、予想外に低い点数になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その3

グランプリ・ファイナル3日目、男子シングルの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

男子のFSが終わった。

◆男子の結果
1 Evan LYSACEK(USA) 249.45
     SP:89.85 2位 FS:159.60(TES:75.60 PCS:84.00) 1位
2 織田 信成(JPN) 243.36
     SP:87.65 3位 FS:155.71(TES:77.71 PCS:78.00) 3位
3 Johnny WEIR(USA) 237.35
     SP:84.60 4位 FS:152.75(TES:77.25 PCS:75.50) 4位
4 Jeremy ABBOTT(USA) 235.38
     SP:76.65 5位 FS:158.73(TES:82.13 PCS:77.60 -1) 2位
5 高橋 大輔(JPN) 224.60
     SP:89.95 1位 FS:134.65(TES:53.25 PCS:82.40 -1) 5位
6 Tomas VERNER(CZE) 192.32
     SP:70.17 6位 FS:122.15(TES:52.15 PCS:71.00) 6位

1位は、エバン・ライサチェック。
2位に、織田信成。
3位は、ジェレミー・アボット。
高橋大輔は5位だった。

リンクに魔物がいたような結果。特に上位陣、ことごとく3Aを失敗。
4回転を跳んだのは、ベルネルとアボットと高橋。成功させたベルネルが最下位というのも皮肉な結果だ。

これで、織田信成のオリンピック代表が内定した。
あと2枠は、全日本選手権で決まる。

| | Comments (67) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その2

グランプリ・ファイナル3日目、ペアの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

ペアのFSが終わった。

◆ペアの結果
1 Xue SHEN / Hongbo ZHAO(CHN)       214.25
   SP:75.36 1位 FS:138.89(TES:67.85 PCS:71.04) 1位
2 Qing PANG / Jian TONG(CHN)       201.86
   SP:68.04 4位 FS:133.82(TES:67.66 PCS:66.16) 2位
3 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(GER) 200.38
   SP:39.66 2位 FS:127.24(TES:59.32 PCS:67.92) 4位
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(RUS)  198.35
   SP:69.78 3位 FS:128.57(TES:65.37 PCS:63.20) 3位
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(RUS) 183.01
   SP:62.30 6位 FS:120.71(TES:60.95 PCS:59.76) 5位
6 Dan ZHANG / Hao ZHANG(CHN)       180.25
   SP:66.24 5位 FS:114.01(TES:58.13 PCS:56.88 -1) 6位

1位は、ダントツでシュー・シェン&ツァオ・ホンボー組。
2位は、パン&トン組。
3位は、サフチェンコ&ソルコビー組。
川口悠子&スミノフ組は5位だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル3日目その1

グランプリ・ファイナル3日目、ジュニア女子シングルSPの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

3日目は、ジュニア・アイスダンスOD、ジュニア・女子シングルSP、
ペアFS、男子シングルFS、女子シングルFSが行われる。

◆ジュニア女子シングルSP
1 Polina SHELEPEN(RUS)  59.54(TES:37.78 PCS:21.76)
2 村上 佳菜子(JPN)    59.52(TES:35.00 PCS:24.52)
3 Ksenia MAKAROVA(RUS)  55.38(TES:33.90 PCS:21.48)
4 Anna OVCHAROVA(RUS)  54.92(TES:33.20 PCS:21.72)
5 Christina GAO(USA)   52.82(TES:32.02 PCS:20.80)
6 Ellie KAWAMURA(USA)  50.30(TES:29.50 PCS:20.80)
7 Kiri BAGA(USA)     49.58(TES:27.66 PCS:21.92)
8 Angela MAXWELL(USA)  47.28(TES:25.32 PCS:21.96)

村上佳菜子が、トップと0.02ポイントの僅差で2位。
ロシアのPolina SHELEPENがパーソナルベストの演技で1位につけている。

| | Comments (70) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル2日目その4

グランプリ・ファイナル2日目、アイスダンスの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナル、アイスダンスは、メダリストが決まった。

1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA) 169.44 1 2
   OD:65.80 1位 FD:103.64(TES:50.50 PCS:53.14) 2位
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(CAN) 168.22 2 1
   OD:64.01 2位 FD:104.21(TES:51.70 PCS:52.51) 1位
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(FRA) 147.62 3 3
   OD:56.93 3位 FD:90.69(TES:44.80 PCS:45.89) 3位
4 Sinead KERR / John KERR(GBR) 145.33 4 4
   OD:56.93 4位 FD:88.86(TES:44.60 PCS:44.26) 4位
5 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(ITA) 139.21 5 5
   OD:56.93 5位 FD:84.30(TES:41.86 PCS:42.44) 5位
6 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(CAN) 135.99 6 6
   OD:51.69 6位 FD:84.30(TES:43.80 PCS:40.50) 6位

金メダルは、デービス&ホワイト組。ODとFDはパーソナルベストの出来。
銀メダルは、ヴィーチ&モイヤ-組。
銅メダルは、ペシャラ&ブルザ組。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル2日目その4

グランプリ・ファイナル2日目、アイスダンスの結果
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナル、アイスダンスは、メダリストが決まった。

1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA) 169.44 1 2
   OD:65.80 1位 FD:103.64(TES:50.50 PCS:53.14) 2位
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(CAN) 168.22 2 1
   OD:64.01 2位 FD:104.21(TES:51.70 PCS:52.51) 1位
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(FRA) 147.62 3 3
   OD:56.93 3位 FD:90.69(TES:44.80 PCS:45.89) 3位
4 Sinead KERR / John KERR(GBR) 145.33 4 4
   OD:56.93 4位 FD:88.86(TES:44.60 PCS:44.26) 4位
5 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(ITA) 139.21 5 5
   OD:56.93 5位 FD:84.30(TES:41.86 PCS:42.44) 5位
6 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(CAN) 135.99 6 6
   OD:51.69 6位 FD:84.30(TES:43.80 PCS:40.50) 6位

金メダルは、デービス&ホワイト組。ODとFDはパーソナルベストの出来。
銀メダルは、ヴィーチ&モイヤ-組。
銅メダルは、ペシャラ&ブルザ組。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル2日目その3

グランプリ・ファイナル2日目、男女シングルSPの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナル、男女シングルのSPが行われた。

◆男子シングルSP
1 高橋 大輔(JPN)    89.95(TES:48.30 PCS:41.65)
2 Evan LYSACEK(USA)   89.85(TES:48.20 PCS:41.65)
3 織田 信成(JPN)    87.65(TES:47.80 PCS:39.85)
4 Johnny WEIR(USA)   84.60(TES:45.60 PCS:39.00)
5 Jeremy ABBOTT(USA)  76.65(TES:39.30 PCS:38.35 -1)
6 Tomas VERNER(CZE)   70.17(TES:33.22 PCS:36.95)

高橋大輔が1位、エバン・ライサチェックが0.1ポイント差で2位。
織田信成が、2ポイント差で3位。ジョニー・ウィアーが5ポイント差で4位。
ここまでは、ほぼノーミスのハイレベルな結果、FSの優勝圏内だろう。

◆女子シングルSP
1 安藤 美姫(JPN)    66.20(TES:35.60 PCS:30.60)
2 Yu-Na KIM(KOR)    65.64(TES:33.80 PCS:31.84)
3 Alena LEONOVA(RUS)  61.60(TES:33.40 PCS:28.20)
4 Joannie ROCHETTE(CAN) 60.94(TES:31.26 PCS:29.68)
5 鈴木 明子(JPN)    57.54(TES:30.06 PCS:27.48)
6 Ashley WAGNER(USA)  54.26(TES:27.30 PCS:26.96)

安藤美姫が1位。0.5ポイント差でキム・ヨナ。
鈴木明子は5位につけている。
FSがとても楽しみだ。

| | Comments (70) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル2日目その2

グランプリ・ファイナル2日目、ジュニアペアの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナル、ジュニアペアの競技が終わった。

高橋成美/マービン・トラン組がSP2位につづいて、FSでも2位、銀メダル獲得だ。

1 Wenjing SUI / Cong HAN(CHN) 160.45
      SP:56.80 1位 FS:103.65(TES:55.41 PCS:48.24) 1位
2 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN(JPN) 145.80
      SP:54.44 2位 FS:91.36(TES:44.88 PCS:46.48) 2位
3 Yue ZHANG / Lei WANG(CHN) 137.19
      SP:46.04 5位 FS:91.15(TES:48.43 PCS:42.72) 3位
4 Tatiana NOVIK / Mikhail KUZNETSOV(RUS) 134.33
      SP:45.72 6位 FS:88.61(TES:47.33 PCS:41.28) 4位
5 Kaleigh HOLE / Adam JOHNSON(CAN) 132.17
      SP:47.00 4位 FS:85.17(TES:42.29 PCS:42.88) 5位
6 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(USA) 128.62
      SP:44.48 7位 FS:84.14(TES:43.46 PCS:41.68 -1) 6位
7 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(RUS) 122.19
      SP:48.90 3位 FS:73.29(TES:31.73 PCS:42.56 -1) 8位
8 Alexandra VASILIEVA / Yuri SHEVCHUK(RUS) 121.35
      SP:43.08 8位 FS:78.27(TES:40.63 PCS:38.64 -1) 7位

| | Comments (70) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル2日目その1

グランプリ・ファイナル2日目、ジュニア男子の結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナル、ジュニア男子の競技が終わった。
金メダルを期待された羽生結弦が、期待通りに逆転V。

1 羽生 結弦(JPN) 206.77
      SP:69.85 3位 FS:136.92(TES:71.02 PCS:66.90 -1) 1位
2 Nan SONG(CHN) 204.99
      SP:71.70 1位 FS:133.29(TES:71.19 PCS:62.10) 2位
3 Ross MINER(USA) 196.09
      SP:70.85 2位 FS:125.24(TES:61.44 PCS:63.80) 4位
4 Richard DORNBUSH(USA) 191.80
      SP:59.35 6位 FS:132.45(TES:71.95 PCS:60.50) 3位
5 Grant HOCHSTEIN(USA) 187.92
      SP:66.45 4位 FS:121.47(TES:60.97 PCS:61.50 -1) 5位
6 Artur GACHINSKI(RUS) 178.03
      SP:62.44 5位 FS:115.59(TES:58.19 PCS:57.40) 6位
7 Stanislav KOVALEV(US) 163.20
      SP:57.69 7位 FS:105.51(TES:54.51 PCS:52.00 -1) 7位
8 中村 健人(JPN) 142.78
      SP:57.16 8位 FS:85.62(TES:35.02 PCS:52.60 -2) 8位

羽生結弦が逆転で1位。フリーでは、後半最初の3Aからの連続ジャンプの予定が3Aで転倒してしまったようだが、その他は全て加点をもらい、演技構成点ではダントツのポイントをもらって、パーソナルベストのポイントで逆転1位となった。
2位は、中国のNan SONG。パーソナルベストを20ポイント近くも更新する出来。
3位は、Ross MINER。これもパーソナルベストの出来。
中村健人は、2度転倒もあって8位に終わった。

グランプリ・ファイナルでの日本人の金メダルは、2005年の小塚崇彦についでの2人目とのこと。
羽生はまだ14歳、順調に育って欲しい。

| | Comments (69) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル1日目

グランプリ・ファイナル1日目の結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナルがいよいよ始まった。
1日目は、ジュニア・ペアSP、ジュニア・男子SP、ペアSP、アイスダンスCDが行われた。

ジュニア・ペアSPでは、高橋成美/マービン・トラン組が2位につけた。
ジュニア・男子SPでは、羽生結弦が1位と1.85差で3位、中村 健人は8位だった。
羽生結弦は、出場選手中では、最高のパーソナルベストをもっている。FSでの巻き返しに期待だ。

ペアでは、シュー・シェン&ツァオ・ホンボー組が1位、
続いて、サフチェンコ&ソルコビー組、
川口悠子&スミノフ組は6位と出遅れている。

アイスダンスでは、デービス&ホワイト組が1位、バーチェ&モイヤー組が2位となっている。


◆ジュニア ペア SP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(CHN)      56.80(TES:33.76 PCS:23.04)
2 高橋成美/マービン・トラン(JPN)     54.44(TES:32.32 PCS:22.12)
3 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(RUS)  48.90(TES:28.82 PCS:20.08)
4 Kaleigh HOLE / Adam JOHNSON(CAN)    47.00(TES:26.76 PCS:20.24)
5 Yue ZHANG / Lei WANG(CHN)       46.04(TES:26.32 PCS:20.72 -1)
6 Tatiana NOVIK / Mikhail KUZNETSOV(RUS) 45.72(TES:25.88 PCS:19.84)
7 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(USA)  44.48(TES:26.40 PCS:20.08 -2)
8 Alexandra VASILIEVA / Yuri SHEVCHUK(RUS) 43.08(TES:25.36 PCS:18.72 -1)

◆ジュニア 男子 SP
1 Nan SONG(CHN)      71.70(TES:42.40 PCS:29.30)
2 Ross MINER(USA)     70.85(TES:40.10 PCS:30.75)
3 羽生 結弦(JPN)     69.85(TES:37.80 PCS:32.05)
4 Grant HOCHSTEIN(USA)  66.45(TES:37.80 PCS:28.65)
5 Artur GACHINSKI(RUS)  62.44(TES:33.04 PCS:29.40)
6 Richard DORNBUSH(USA)  59.35(TES:32.30 PCS:27.05)
7 Stanislav KOVALEV(RUS) 57.69(TES:29.64 PCS:28.05)
8 中村 健人(JPN)     57.16(TES:31.36 PCS:27.80 -2)

◆ペア SP
1 Xue SHEN / Hongbo ZHAO(CHN)
          75.36(TES:40.80 PCS:34.56)
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(GER)
          73.14(TES:39.66 PCS:33.48)
3 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(RUS)
          69.78(TES:39.02 PCS:30.76)
4 Qing PANG / Jian TONG(CHN)
          68.04(TES:36.20 PCS:31.84)
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(CHN)
          66.24(TES:37.72 PCS:28.52)
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(RUS)
          62.30(TES:32.86 PCS:29.44)

◆アイスダンス CD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA)
          65.80(TES:32.70 PCS:33.10)
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(CAN)
          64.01(TES:31.30 PCS:32.71)
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(FRA)
          56.93(TES:28.10 PCS:28.83)
4 Sinead KERR / John KERR(GBR)
          56.47(TES:28.30 PCS:28.17)
5 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(ITA)
          54.91(TES:28.00 PCS:26.91)
6 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(CAN)
          51.69(TES:27.00 PCS:24.69)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル ジュニア エントリ

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
更に続けて、ジュニアの各エントリ。

日本からは、男子は、トップ通過の羽生結弦と中村健人が、
女子は、これもトップ通過で村上佳菜子が出場する。

◆ジュニア・男子シングル
1 Grant HOCHSTEIN(USA) Point:22(HUN:2位,GER:4位)  PB:179.03 SB:179.03
2 Richard DORNBUSH(USA) Point:22(HUN:1位,GER:5位) PB:192.66 SB:187.83
3 Stanislav KOVALEV(RUS) Point:24(BLR:3位,TUR:2位) PB:177.69 SB:177.69
4 中村 健人(JPN) Point:24(USA:2位,TUR:3位)     PB:176.18 SB:176.18
5 Artur GACHINSKI(RUS) Point:28(BLR:1位,GER:2位)  PB:183.89 SB:183.89
6 Nan SONG(CHN) Point:28(BLR:2位,GER:1位)     PB:187.71 SB:187.71
7 Ross MINER(USA) Point:28(USA:1位,CRO:2位)    PB:196.08 SB:196.08
8 羽生 結弦(JPN) Point:30(POL:1位,CRO:1位)     PB:201.15 SB:201.15

◆ジュニア・女子シングル
1 Ellie KAWAMURA(USA)  Point:20(HUN:4位,CRO:3位) PB:131.33 SB:131.33
2 Anna OVCHAROVA(RUS)  Point:20(HUN:5位,POL:2位) PB:142.71 SB:142.71
3 Christina GAO(USA)  Point:22(POL:3位,TUR:3位) PB:135.01 SB:135.01
4 Ksenia MAKAROVA(RUS) Point:24(USA:2位,BLR:3位) PB:137.94 SB:137.94
5 Angela MAXWELL(USA)  Point:26(HUN:2位,GER:2位) PB:147.46 SB:136.31
6 Kiri BAGA(USA)    Point:30(GER:1位,TUR:1位) PB:145.51 SB:145.51
7 Polina SHELEPEN(RUS) Point:30(HUN:1位,BLR:1位) PB:157.57 SB:157.57
8 村上 佳菜子(JPN)   Point:30(POL:1位,CRO:1位) PB:160.85 SB:160.85

◆ジュニア・ペア
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(RUS)
          Point:17(USA:2位,BLR:7位) PB:129.50 SB:129.50
2 Alexandra VASILIEVA / Yuri SHEVCHUK(RUS)
          Point:18(POL:4位,BLR:4位) PB:130.14 SB:130.14
3 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(USA)
          Point:20(USA:4位,GER:3位) PB:144.80 SB:144.80
4 Tatiana NOVIK / Mikhail KUZNETSOV(RUS)
          Point:20(POL:2位,GER:5位) PB:149.04 SB:149.04
5 Yue ZHANG / Lei WANG(CHN)
          Point:26(BLR:2位,GER:2位) PB:147.89 SB:147.89
6 Kaleigh HOLE / Adam JOHNSON(CAN)
          Point:26(USA:1位,BLR:3位) PB:140.87 SB:140.87
7 高橋成美/マービン・トラン(JPN)
          Point:26(USA:3位,POL:1位) PB:150.03 SB:150.03
8 Wenjing SUI / Cong HAN(CHN)
          Point:30(BLR:1位,GER:1位) PB:164.84 SB:164.84

◆ジュニア・アイスダンス
1 Isabella CANNUSCIO / Ian LORELLO(USA)
          Point:22(POL:3位,TUR:3位) PB:153.77 SB:153.77
2 Marina ANTIPOVA / Artem KUDASHEV(RUS)
          Point:22(POL:2位,GER:4位) PB:152.56 SB:152.56
3 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(ITA)
          Point:24(HUN:3位,GER:2位) PB:155.62 SB:155.62
4 Kharis RALPH / Asher HILL(CAN)
          Point:26(USA:2位,CRO:2位) PB:159.85 SB:159.85
5 Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO(RUS)
          Point:28(GER:1位,TUR:2位) PB:164.01 SB:164.01
6 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(RUS)
          Point:30(HUN:1位,POL:1位) PB:171.61 SB:171.61
7 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(RUS)
          Point:30(BLR:1位,TUR:1位) PB:173.15 SB:173.15
8 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(USA)
          Point:30(USA:1位,CRO:1位) PB:175.95 SB:175.95

| | Comments (59) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル エントリ

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナルがいよいよ明日から始まる。
続けて、各エントリ。というか、既にスケーティング・オーダーも発表になっている。

日本勢は男女ともに2選手の参加。

◆男子シングル
1 Tomas VERNER(CZE) Point:20(FRA:2位,USA:5位) PB:232.67 SB:229.96
2 Johnny WEIR(USA)  Point:22(RUS:4位,JPN:2位) PB:231.78 SB:217.70
3 高橋 大輔(JPN)   Point:22(JPN:4位,CAN:2位) PB:264.41 SB:231.31
4 Jeremy ABBOTT(USA) Point:22(JPN:5位,CAN:1位) PB:237.72 SB:232.99
5 Evan LYSACEK(USA) Point:28(CHN:2位,USA:1位) PB:242.23 SB:237.72
6 織田 信成(JPN)   Point:30(FRA:1位,CHN:1位) PB:244.56 SB:242.53

◆女子シングル
1 鈴木 明子(JPN)    Point:22(CHN:1位,CAN:5位) PB:176.66 SB:176.66
2 Ashley WAGNER(USA)  Point:24(RUS:2位,JPN:3位) PB:163.97 SB:163.97
3 Alena LEONOVA(RUS)  Point:24(RUS:3位,JPN:2位) PB:168.91 SB:160.85
4 Joannie ROCHETTE(CAN) Point:26(CHN:3位,CAN:1位) PB:191.29 SB:182.90
5 安藤 美姫(JPN)    Point:30(RUS:1位,JPN:1位) PB:195.09 SB:171.93
6 Yu-Na KIM(KOR)    Point:30(FRA:1位,USA:1位) PB:210.03 SB:210.03

◆ペア
1 Dan ZHANG / Hao ZHANG(CHN)
         Point:24(CHN:2位,USA:3位) PB:197.82 SB:186.49
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(RUS)
         Point:26(RUS:2位,JPN:2位) PB:193.05 SB:193.05
3 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(GER)
         Point:26(FRA:3位,CAN:1位) PB:206.71 SB:206.71
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(RUS)
         Point:28(FRA:1位,CAN:2位) PB:192.93 SB:192.93
5 Qing PANG / Jian TONG(CHN)
         Point:30(RUS:1位,JPN:1位) PB:199.65 SB:199.65
6 Xue SHEN / Hongbo ZHAO(CHN)
         Point:30(CHN:1位,USA:1位) PB:206.54 SB:201.40

◆アイスダンス
1 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(CAN)
         Point:20(RUS:4位,JPN:3位) PB:178.09 SB:165.89
2 Sinead KERR / John KERR(GBR)
         Point:26(FRA:3位,JPN:2位) PB:186.94 SB:177.73
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(ITA)
         Point:26(RUS:2位,USA:2位) PB:179.03 SB:171.86
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(FRA)
         Point:30(FRA:2位,CAN:2位) PB:194.36 SB:185.07
5 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(CAN)
         Point:30(FRA:1位,CAN:1位) PB:208.80 SB:204.38
6 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA)
         Point:30(RUS:1位,JPN:1位) PB:201.97 SB:201.97

| | Comments (59) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル 開催間近

ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan
グランプリシリーズのファイナルがいよいよ明日から始まる。

今年も、シニア・ジュニア同時の開催だ。

◆スケジュール
12/3(木)
 17:00- ジュニア ペア SP
 18:30- ジュニア 男子シングル SP
 20:00- ペア SP
 21:15- アイスダンス OD
12/4(金)
 15:00- ジュニア 男子シングル FS
 16:35- ジュニア ペア FS
 18:30- 男子シングル SP
 19:40- 女子シングル SP
 20:50- アイスダンス FD
12/5(土)
 13:30- ジュニア アイスダンス OD
 14:55- ジュニア 女子シングル SP
 16:25- ペア FS
 18:00- 男子シングル FS
 19:30- 女子シングル FS
12/6(日)
 12:30- ジュニア アイスダンス FD
 14:00- ジュニア 女子シングル FS
 16:15- Gala Exhibition

◆TV放映(地上波)
12月4日(金)20:00~21:48 男子SP・女子SP
12月5日(土)19:00~21:21 男子FS・女子FS
12月6日(日)19:00~20:54 エキシビション

◆TV放映(BS)
12月4日(金)22:00~23:55 男子SP・女子SP
12月5日(土)21:30~23:55 男子FS・女子FS
12月6日(日)21:00~22:55 エキシビション

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »