« ISU Grand Prix Cup of China 女子FS感想 | Main | ISU Grand Prix Troph of Eric Bompard  スケジュール »

ISU Grand Prix Cup of China 男子FS感想

フィギュアスケート グランプリシリーズ(ISU Grand Prix of Figure Skating)中国杯の3日目、男子FS演技の感想。

◆ジョ・メイ
最初は3Aの予定が2A。次の3Lzはお手付き、そして3S-2Tは決めてフライングシットスピンへ。そしてサーキュラーステップ。後半に入って、3Lo-2Tを決め、2A-2T-2Lo、3Loと決め、3Aもなんとか決め、3Sも決めコンビネーションスピン。そしてストレートラインステップからスピンで締めくくった。

◆ジェレミー・テン 奇跡のシンフォニー
最初は3Aでお手付き。そして3Lz-3Tも後半着氷が乱れた。そしてステップからの3Fは決め、スピンへ。そしてサーキュラーステップも丁寧にこなし、イーグルからの3Lo。後半に入って、3Lz-2Tは余裕のジャンプ、そして3F-2T-2Loを決めスピンへ。ストレートラインステップを滑りきり、3Sを決めて、次は1Aにパンク、そして最後はコンビネーションスピンで締めた。

◆コウ・スウ ロミオとジュリエット
最初は3A-2Tをきれいに決め、次は3F。そして3Lz-2Tからフライングシットスピン。そして3Loを決め、次は2Loに。そしてスピン。後半に入って、3Lzはあやうく手をつきかけたがこらえ、サーキュラーステップに。そして2A-2T、3Tを決め、ストレートラインステップへ、やや疲れた感じはしたが、最後はコンビネーションスピン。

◆ゴ・カリョウ 
最初のジャンプは4Lzを登録していたようだが、3Lz-3T、しかも余裕のジャンプ、次の3A-2Tも高いジャンプ。そして3Sからステップ、3Lo。2A-2Tは高くかなりゆったりして見えた。後半に入って、イーグルから2Aは着地でぐらつき、そして3F。そしてサーキュラーステップ、フライングシットスピンはやや回転が足らず、ストレートライステップはややものたりない感じもあったが、3Lzをきれいにきめて最後はスピンで締めくくり。

◆中庭健介 ブレイブハート
最初は4Tだったが、回転不足もありかなり大きな転倒。次の3Aはステップアウト。3Lz-2Tは最初のジャンプでお手付き、そしてスピンは丁寧にこなし。サーキュラーステップに。ゆったりtぽした滑りから3Loは綺麗に決めた。
後半に入って、3Lzは回転不足でステップアウト。3Sは綺麗に決め、イーグル、3T-2Tも決まりフライングシットスピンへ。そして3Fでも崩れるような転倒、ストレートラインステップをなんとかすべ霧って、最後はスピンで締めくくった。
演技終了後はかなり苦しそうで、悔しそうな表情。キスクラでの表情も苦しそうで、途中カメラに気づいて笑顔で手を振っていた。
インタビューでは涙がとまらず、痛々しかった。今年のグランプリシリーズは1戦だけだが、次の試合、元気な滑りをみせて欲しい。
滑りは、最初のジャンプで崩れ、調子にのれないまま終わってしまった感じだが、途中のスピン、ステップは丁寧に滑っているのが画面からも見え、良い出来ではないのだが、感動まで覚えてしまった。
それを、観客も感じ、声をかけていたのだろう。それがうれしくもあり、答えられなかった自分が情けなくもあり、そんな涙だったのだろう。

◆クリストファー・ベルントソン
最初のポーズが面白く、ジャンプは2Lz-3Tに、それでも拍手をもらって、3Aは決めた。次はまた2F-3Tで3Tも回転不足。そしてステップからストレートラインステップその間にもパフォーマンス。そして2A。後半に入ってのジャンプは1Aにパンク、そして2S、3Loはなんとか降りてコンビネーションスピン。振りは面白く、観客の拍手ももらって、2Aは決めて。サーキュラーステップ、最後はコンビネーションスピンからスロー、コマ送りになって終了とこれも曲にあわせての面白い終わり方。
振りが面白かっただけに、ジャンプがキチンと跳べればというより迫力あれば、かなりのプログラムなのではと思う。

◆アルテム・ボロデュリン ロクサーヌ
最初は2A。つごは3Lz-3Tを決めて、3F-2T-2Lo、そしてスピン。狂ったような激しい動きのサーキュラーステップ。後半に入って3Fを決め、次は2Lzに、3Loは綺麗に決め、イーグルから3S。そしてフライングシットスピン。そしてストレートラインステップ、これをメリハリのある動き。そして2A-2T、最後はコンビネーションスピンで締めた。

◆トマシュ・ベルネル オブリヴィオン
逆転に向け、最初はスピードにのって4Tを綺麗に決めた。次は3Lz-3Tも決め、3Aも決め、3Sも。そしてステップへ。そしてフライングシットスピン。後半に入ってのジャンプは2A、そして3Loを決めたが、2Lzは2Lzに、3Fでは回転不足で転倒、気を取り直してスピン、そしてサーキュラーステップでは身のこなしも良く、最後はコンビネーションスピンで締めた。

◆ステファン・キャリエール 火の鳥
最初、特徴的な入り、3A-2Tは早い回転のジャンプ。そしてスピードにのって3T-2T-2Tは途中で手を挙げるパフォーマンス、そして3Lz。そしてサーペンタインステップからスピン。後半に入って、3Fではステップアウト。そして3Aを綺麗に決め、3Loも決めフライングシットスピン、そして3Lz-2Tでまた手をあげるパフォーマンス。そsてストレートラインステップ。そして3Sからコンビネーションスピンで締めくくり。

◆ヴォーン・シプール ブロークン・ソロウ・フロム
最初のジャンプは、コンビネーションの予定が、大きな3Aだったがステップアウト。そして次もコンビネーションの予定が、大きな3Lzだったが着氷に乱れ単独に。そして3F。そしてスピン。後半に入って、最初のジャンプは、1Aにパンク。3Loも着氷に乱れ、サーキュラーステップ。そしてまたもや1Aにパンク。3Sではお手付き、3Lz-2Tはなんとかきめ、スピンへ。そしてストレートラインステップ。最後はフライングシットスピンで締めくくった。

◆ジェレミー・アボット ギドン・クレーメル
ゆったりとした入れから、大きな3Lz。そして3Fも決めスピンへ。そして3Aも綺麗に決め、3Sも決めスピンへ。後半に入って、ゆったりとジョ所にスピードをあげて3A-3Tを決め、しっとりとサーキュラーステップ。そして3Lz-2T-2Loも決め、さらに加速して3Loを決め、ストレートラインステップ。そして2Aではやや乱れたが最後はコンビネーションスピンでフィニッシュ。

|

« ISU Grand Prix Cup of China 女子FS感想 | Main | ISU Grand Prix Troph of Eric Bompard  スケジュール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ISU Grand Prix Cup of China 男子FS感想:

« ISU Grand Prix Cup of China 女子FS感想 | Main | ISU Grand Prix Troph of Eric Bompard  スケジュール »