« フィギュアスケート Jrグランプリシリーズ オーストリア大会3日目 | Main | プリンス・アイスワールド2007 札幌公演 »

フィギュアスケート Jrグランプリシリーズ  オーストリア大会を終えて

ISU Figure Skating Junior Grand Prix Series
Vienna Cup オーストリア大会を終えての感想。

今回、日本はメダル無し。
女子シングルの中村愛音の4位が最高だった。
女子シングルでは、高山睦美が11位。
男子シングルでは、町田樹が9位、斎藤直人が13位。
今シーズン始まって3試合目だが、ちょっと振るわなかった大会となった。

一方、全体でみると、今回も、アメリカが男子シングル、女子シングル、アイスダンスのすべてで金メダルとなっている。

アメリカは、次世代の選手達が次々と育っている感じ。
それに比べ、ロシア、日本、特に日本の今後が心配になってきた。

|

« フィギュアスケート Jrグランプリシリーズ オーストリア大会3日目 | Main | プリンス・アイスワールド2007 札幌公演 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィギュアスケート Jrグランプリシリーズ  オーストリア大会を終えて:

« フィギュアスケート Jrグランプリシリーズ オーストリア大会3日目 | Main | プリンス・アイスワールド2007 札幌公演 »