« イナバウアーと商標登録 | Main | Dreams On Ice 2007 開催予定 »

フィギュアスケート 2007-08シーズン ルール改訂

ISUのページで、2007-08シーズンにおける技術的な得点ルールについて発表されている。
大きな改訂ではないが、すこしずつ変更になっている。
一番印象的なのは、2Aの基礎点が少し高くなったことか。
ジャンプに関しては、他が変わらないので、目だってしまうということかもしれない。
また、ジャンプに関しては、ルッツ・フリップのエッジの使い方の明確化がより厳しくチェックされるようだ。女子選手では半分近くがエッジが正しくないという話がある様だが、このような明確化はよいのではないかと思う。
ただ、浅田真央選手のルッツは海外サイトで悪い例として取り上げたページがあるなど、フルッツとして結構言われている。
当然、浅田のこと、修正に入っているようだが。

スパイラルシークエンスについては、レベルの要件としてカウントされるのは初めの3つまで、これまでは4ポジションで4要件を目指すのが普通なので多少難しくなっている。
このほか、スピンなどについても、すこしずつ改訂されている。

|

« イナバウアーと商標登録 | Main | Dreams On Ice 2007 開催予定 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィギュアスケート 2007-08シーズン ルール改訂:

« イナバウアーと商標登録 | Main | Dreams On Ice 2007 開催予定 »