« 全日本フィギュアスケート選手権大会 開幕間近 | Main | 全日本フィギュアスケート選手権大会 男子シングル結果 »

全日本フィギュアスケート選手権大会 男子SP

いよいよ全日本選手権が始まった。
男子SPの結果は。。。
 1位 高橋大輔 85.55
 2位 織田信成 81.75
 3位 南里康晴 72.30
 4位 神﨑範之 70.78
 5位 小塚崇彦 70.49
 6位 中庭健介 68.25
シニア挑戦の町田樹は60.44で7位、無良崇人は51.60で13位だった。
高橋はパーソナルベストの滑りというか評価だったが、NHK杯の時の方がキレの良い滑りだったように見えた。全体としては、ジャンプの安定感は抜群だし、ステップも確かに上手い。ただ、もっと良い演技を見ているから、今日の滑りは得点にはなるが、観客を惹きつけるパフォーマンスの点で少し物足りない感じがしたのだろう。
一方、織田の滑りの方が惹きつけられるものがあったと思ったのだが、得点的は高橋にかなわずだ。
体のバランスと柔軟さは、表現力をものすごく高めるのだと感じた。惜しむは、手先の表現がもう一つ、硬かったり、緩みすぎていたりという感じを受けたところ。手の表現が上手くできると、演技の幅がグンとアップして見栄えもよくなるのだろうと思った。
そして、転倒もあって得点が延びきれなかった小塚は、それでもパーソナルベストだ。彼のステップにおける足の位置、ステップは絵になる美しさだと思う。転倒がありながらパーソナルベスト、これから体力がついてジャンプの精度が上がれば世界の上位に確実に食い込んでいくだろう。
それにしても、日本のレベルは非常に高い。6位、7位まで見ても、転倒はあるものの、それぞれに見所をもっていて、見せるレベルにあるのだ。

|

« 全日本フィギュアスケート選手権大会 開幕間近 | Main | 全日本フィギュアスケート選手権大会 男子シングル結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全日本フィギュアスケート選手権大会 男子SP:

» 男子フィギュアスケート全日本−高橋大輔VS織田信成 [News Hit Channel]
全日本フィギュアスケート選手権大会の男子ショート・プログラムが、昨日(12/27)に名古屋総合体育館にて開催されました。その結果、高橋大輔選手は自己最高得点(非公式)で1位を獲得、織田信成選手はわずかな得点差で2位につけた。高橋大輔選手は、お得意のステップをジャンプが冴え、キレのある演技で会場を魅了した。彼は先日終了した世界選手権グランプリ・ファイナルで惜しくも体調を崩し2位となったが、あの苦い経験�... [Read More]

Tracked on December 28, 2006 12:57 PM

« 全日本フィギュアスケート選手権大会 開幕間近 | Main | 全日本フィギュアスケート選手権大会 男子シングル結果 »