« フィギアスケートグランプリシリーズ ロシア・カップ 結果 | Main | フィギアスケートグランプリシリーズ NHK杯に向けて »

世界バレー 2006 男子チュニジア戦

3-2で勝ち
23-25、23-25、25-22、25-23、15-6
第2セットをとられたときはベスト8もあやゆいと思った。
粘っているし、エースも決める。なのにセットがとれない。
ここ、というポイントで点がとれないのだ。
また、前半は昨日のカナダ戦とは別チームの様にブロックができてなかった。
後半になって、やっと山本がポイントで決めるようになって、なんとか勝利を得た感じ。
5セット目を15-6で取れるくらいなら、もっと楽な試合運びができただろうに。
グループEの残り2試合はセルビア・モンテネグロ戦とロシア戦。何れも勝利は困難と思われる相手。
その相手にどう戦うか。多少でも何かをつかんで、上を目指して欲しい。

|

« フィギアスケートグランプリシリーズ ロシア・カップ 結果 | Main | フィギアスケートグランプリシリーズ NHK杯に向けて »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界バレー 2006 男子チュニジア戦:

« フィギアスケートグランプリシリーズ ロシア・カップ 結果 | Main | フィギアスケートグランプリシリーズ NHK杯に向けて »