フィギュアスケート 世界選手権 放送予定

自身の備忘録として、テレビ放送の予定。

男子シングルSPは、高橋大輔だけライブ放送された。
小塚崇彦、織田信成はジャンプのだけのカット紹介だったが、全体の様子は、
フジテレビ系列で、以下の日程で放送される。

男子SP        3月25日 午後 3時59分~4時53分
男子FS        3月26日 午前 4時45分~7時00分(LIVE)
女子SP        3月27日 午後 7時00分~8時54分
ペアFS/アイスダンス 3月28日 午前 2時15分~3時15分
女子FS        3月28日 午後 7時58分~9時48分
エキシビション     3月31日 午前 2時05分~3時35分

| | Comments (94) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 世界選手権 1、2日目

しばらく更新していない間に世界選手権が始まってしまった。
今日の結果、かなり衝撃的だった。

◆男子シングル SP
1 高橋 大輔(JPN)       89.30(TES:47.40 PCS:41.90)
2 Patrick CHAN(CAN)     87.80(TES:47.40 PCS:40.40)
3 Brian JOUBERT(FRA)     87.70(TES:47.90 PCS:39.80)
4 小塚 崇彦(JPN)       84.20(TES:46.60 PCS:37.60)
5 Michal BREZINA(CZE)    81.75(TES:45.40 PCS:36.35)
6 Jeremy ABBOTT(USA)     81.05(TES:44.20 PCS:36.85)
7 Adam RIPPON(USA)      80.11(TES:43.76 PCS:36.35)
8 Samuel CONTESTI(ITA)    78.40(TES:42.60 PCS:35.80)
9 Denis TEN(KAZ)       77.40(TES:41.90 PCS:35.50)
10 Kevin VAN DER PERREN(BEL) 73.55(TES:39.80 PCS:34.75 -1)
28 織田 信成(JPN)       50.25(TES:16.90 PCS:33.35)

高橋大輔がほぼ完ぺきな演技で1位。調子が出ないとの噂が流れていただけに貫録の演技に見えた。
パトリック・チャンも完ぺきな出来で2位。
ブライアン・ジュベールは4-3を跳んで3位。
小塚崇彦もほぼ完ぺきな滑りでパーソナルベストで4位。最近の大会、滑る度に成長の良い滑りを見せてくれているように思う。
そして、織田信成がまさかの50点台で予選落ちとうい衝撃的な結果。3回の全てのジャンプがシングルのすっぽ抜けて大きく精彩を欠いた滑りとなってしまった。何かあったのだろうか。チャップリンが見れないのもさびしい。


◆ペア SP
1 Qing PANG / Jian TONG(CHN)       75.28(TES:41.28 PCS:34.00)
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(RUS) 73.12(TES:39.68 PCS:33.44)
3 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(GER) 69.52(TES:36.12 PCS:33.40)
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(RUS) 69.48(TES:37.72 PCS:31.76)
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(CHN)       69.20(TES:38.88 PCS:30.32)
6 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(USA)  60.52(TES:35.72 PCS:24.80)
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(RUS)   59.78(TES:35.30 PCS:24.48)
8 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(CAN)   59.36(TES:31.76 PCS:28.60)
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(USA)    57.74(TES:32.74 PCS:25.00)
10 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(FRA)  55.60(TES:32.28 PCS:23.32)

川口&スミルノフ組が2位と好発進。


◆アイスダンス CD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(CAN)     44.13(TES:22.22 PCS:21.91)
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(USA)    43.25(TES:22.00 PCS:21.25)
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(ITA) 40.85(TES:20.50 PCS:20.35)
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(FRA) 37.75(TES:18.80 PCS:18.95)
5 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(RUS) 37.70(TES:18.68 PCS:19.02)
6 Sinead KERR / John KERR(GBR)      37.56(TES:18.56 PCS:19.00)
7 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(ITA)  34.05(TES:17.06 PCS:16.99)
8 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(ISR) 33.79(TES:16.72 PCS:17.07)
9 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(CAN)   33.32(TES:17.36 PCS:15.96)
10 Emily SAMUELSON / Evan BATES(USA)   32.61(TES:16.78 PCS:15.83)
23 Cathy REED / Chris REED(JPN)      24.78(TES:13.72 PCS:13.06 5.45 -2)

| | Comments (78) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・女子シングル・FS

フィギュアスケート最終試合は、女子シングル フリー。

◆女子シングル FS
1 KIM Yu-Na(KOR)       228.56
      SP:1位 78.50 FS:1位 150.06(TES:78.30 PCS:71.76 0)
2 浅田 真央(JPN)       205.50
      SP:2位 73.78 FS:2 131.72(TES:64.68 PCS:67.04 0)
3 ROCHETTE Joannie(CAN)   202.64
      SP:3位 71.36 FS:3 131.28(TES:62.80 PCS:68.48 0)
4 NAGASU Mirai(USA)     190.15
      SP:6位 63.76 FS:5 126.39(TES:65.83 PCS:60.56 0)
5 安藤 美姫(JPN)       188.86
      SP:4位 64.76 FS:6 124.10(TES:62.50 PCS:61.60 0)
6 LEPISTO Laura(FIN)     187.97
      SP:10位 61.36 FS:4 126.61(TES:63.89 PCS:62.72 0)
7 FLATT Rachael(USA)     182.49
      SP:5位 64.64 FS:8 117.85(TES:59.37 PCS:58.48 0)
8 鈴木 明子(JPN)       181.44
      SP:11位 61.02 FS:7 120.42(TES:60.98 PCS:59.44 0)
9 LEONOVA Alena(RUS)     172.46
      SP:8位 62.14 FS:10 110.32(TES:55.84 PCS:54.48 0)
10 MAKAROVA Ksenia(RUS)    171.91
      SP:12位 59.22 FS:9 112.69(TES:58.77 PCS:53.92 0)
11 KORPI Kiira(FIN)      161.57
      SP:17位 52.96 FS:11 108.61(TES:54.93 PCS:53.68 0)
12 PHANEUF Cynthia(CAN)    156.62
      SP:14位 57.16 FS:13 99.46(TES:48.94 PCS:51.52 -1)
13 KWAK Min-Jung(KOR)     155.53
      SP:16位 53.16 FS:12 102.37(TES:53.57 PCS:48.80 0)
14 GEDEVANISHVILI Elene(GEO) 155.24
      SP:9位 61.92 FS:17 93.32(TES:40.64 PCS:53.68 -1)
15 MEIER Sarah(SWI)      152.81
      SP:15位 56.70 FS:14 96.11(TES:43.87 PCS:52.24 0)
16 KOSTNER Carolina(ITA)   151.90
      SP:7位 63.02 FS:19 88.88(TES:34.84 PCS:57.04 -3)
17 SEBESTYEN Julia(HUN)    151.26
      SP:13位 57.46 FS:16 93.80(TES:41.32 PCS:52.48 0)
18 HECKEN Sarah(GER)     143.94
      SP:23位 49.04 FS:15 94.90(TES:50.98 PCS:43.92 0)
19 LIU Yan(CHN)        143.47
      SP:19位 51.74 FS:18 91.73(TES:49.33 PCS:42.40 0)
20 LEE Cheltzie(AUS)     138.16
      SP:18位 52.16 FS:20 86.00(TES:42.44 PCS:44.56 -1)

金メダルはキム・ヨナ
銀メダル、浅田真央
銅メダル、ジョアニー・ロシェット

そして、4位に長洲未来。
安藤美姫は5位、鈴木明子は8位だった。

それにしても、キム・ヨナの150ポイントという得点はすさまじい得点だ。
確かに、ノーミスの上等な演技だった。が、他とあまりにかけ離れすぎていて、興醒めまでしてしまう。
浅田真央は、3Aを2回、見事に決めた。が、途中、3F-2T-2Lの3Fでつっかかり、ジャンプシーケンス的に、その次の3Tは跳ぶ前につっかかって1Tになる後半のジャンプでのミス。それでも130ポイントを超えているが、そんなものかなと思う。
得点に対しては、いろいろと言いたいことはあるが、後回し。

楽しく徐々に高まる気持ちの中での演技を行ったキム・ヨナ。
天国の母を思って、最高の演技をプレゼントしようと演じ切ったロシェット。
緊張と危機迫る迫力で、最後まで演じ切った浅田真央。
情感を込めて演じ切った安藤美姫。
とにかく楽しく、オリンピックの舞台を楽しんで滑った鈴木明子。
ラスボスを溌剌と楽しげに上質な演技で締めくくった長洲未来。
全体に見応えのあるFSだった。

| | Comments (168) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・女子シングル・SP

フィギュアスケートは、最後の種目、女子シングルが始まった。

◆女子シングル SP

1 KIM Yu-Na(KOR)       78.50(TES:44.70 PCS:33.80 0)
2 浅田 真央(JPN)       73.78(TES:41.50 PCS:32.28 0)
3 ROCHETTE Joannie(CAN)   71.36(TES:39.20 PCS:32.16 0)
4 安藤 美姫(JPN)       64.76(TES:34.80 PCS:29.96 0)
5 FLATT Rachael(USA)     64.64(TES:36.80 PCS:27.84 0)
6 NAGASU Mirai(USA)     63.76(TES:37.00 PCS:26.76 0)
7 KOSTNER Carolina(ITA)   63.02(TES:33.34 PCS:29.68 0)
8 LEONOVA Alena(RUS)     62.14(TES:33.90 PCS:28.24 0)
9 GEDEVANISHVILI Elene(GEO) 61.92(TES:35.80 PCS:26.12 0)
10 LEPISTO Laura(FIN)     61.36(TES:32.88 PCS:28.48 0)
11 鈴木 明子(JPN)       61.02(TES:33.10 PCS:27.92 0)
12 MAKAROVA Ksenia(RUS)    59.22(TES:35.46 PCS:23.76 0)
13 SEBESTYEN Julia(HUN)    57.46(TES:30.70 PCS:26.76 0)
14 PHANEUF Cynthia(CAN)    57.16(TES:31.80 PCS:26.36 -1)
15 MEIER Sarah(SWI)      56.70(TES:30.70 PCS:26.00 0)
16 KWAK Min-Jung(KOR)     53.16(TES:31.40 PCS:21.76 0)
17 KORPI Kiira(FIN)      52.96(TES:27.72 PCS:26.24 -1)
18 LEE Cheltzie(AUS)     52.16(TES:30.72 PCS:21.44 0)
19 LIU Yan(CHN)        51.74(TES:29.94 PCS:21.80 0)
20 GLEBOVA Elena(EST)     50.80(TES:27.20 PCS:23.60 0)

1位はキム・ヨナ。SP歴代最高点。
2位に浅田真央。多分、パーソナルベスト更新。
3位はジョアニー・ロシェット。これもパーソナルベスト更新。
安藤美姫は4位、長洲未来が6位、鈴木明子が11位となっている。

それにしても、上位3選手が70点台。しかもキム・ヨナは78.5の超高得点。
浅田真央も、3Aを完ぺきに決め、そのほかもノーミスの演技。
この2人の争いは、とても見応えがあった。

今回の浅田真央は、とてもよかったと思う。
ジャンプが決まった後の演技、初めて舞踏会に参加した少女のごとく、嬉しげな表情、軽やかに舞う姿、軽やかなステップとワクワクさせてくれる演技だった。
演技後、思わずリンクでピョンピョン跳ねる姿は、かつての天真爛漫な真央ちゃんといわれていた頃のような少女 浅田真央がいた。

一方のキム・ヨナ、直前の浅田の好演技に動揺することなく、自分の世界を作り出して、ノーミスの演技。この精神力は凄い。
ただ、浅田との差が5ポイント弱。実際のところ、そこまでの差は感じられなかったのは私だけだろうか。
また、ジョアニー・ロシェットの70点台。確かに、崩れそうな出来事の中、ノーミスの演技、それは凄いと思ったが、3-3も入れなかった構成での点としては高得点かと思われた。

| | Comments (131) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・アイスダンス・FD

フィギュアスケートは、アイスダンス・フリーダンスの結果。

◆アイスダンス FD
1 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(CAN) 221.57
     CD:2位 42.74 OD:1位 68.41
     FD:1位 110.42(TES:53.10 PCS:57.32 0)
2 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(USA) 215.74
     CD:3位 41.47 OD:2位 67.08
     FD:2位 107.19(TES:52.80 PCS:55.39 -1.00
3 DOMNINA Oksana / SHABALIN Maxim(RUS) 207.64
     CD:1位 43.76 OD:3位 62.84
     FD:3位 101.04(TES:48.00 PCS:53.04 0)
4 BELBIN Tanith / AGOSTO Benjamin(USA) 203.07
     CD:4位 40.83 OD:4位 62.50
     FD:4位 99.74(TES:48.00 PCS:51.74 0)
5 FAIELLA Federica / SCALI Massimo(ITA) 199.17
     CD:5位 39.88 OD:5位 60.18
     FD:5位 99.11(TES:47.70 PCS:51.41 0)
6 DELOBEL Isabelle / SCHOENFELDER Olivier(FRA) 193.73
     CD:6位 37.99 OD:7位 58.68
     FD:6位 97.06(TES:46.00 PCS:51.06 0)
7 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(FRA) 190.49
     CD:9位 36.13 OD:6位 59.99
     FD:7位 94.37(TES:46.90 PCS:47.47 0)
8 KERR Sinead / KERR John(GBR) 186.01
     CD:8位 37.02 OD:8位 56.76
     FD:9位 92.23(TES:44.30 PCS:47.93 0)
9 KHOKHLOVA Jana / NOVITSKI Sergei(RUS) 185.86
     CD:7位 37.18 OD:9位 55.57
     FD:8位 93.11(TES:45.50 PCS:47.61 0)
10 ZARETSKY Alexandra / ZARETSKY Roman(ISR) 180.26
     CD:10位 34.38 OD:10位 55.24
     FD:10位 90.64(TES:45.20 PCS:45.44 0)
11 SAMUELSON Emily / BATES Evan(USA) 174.30
     CD:14位 31.37 OD:11位 53.99
     FD:1位 88.94(TES:46.40 PCS:42.54 0)
12 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(ITA) 167.32
     CD:12位 33.13 OD:12位 51.45
     FD:15位 82.74(TES:44.60 PCS:39.14 -1)
13 HOFFMANN Nora / ZAVOZIN Maxim(HUN) 167.23
     CD:13位 31.90 OD:13位 51.22
     FD:13位 84.11(TES:43.40 PCS:40.71 0)
14 CRONE Vanessa / POIRIER Paul(CAN) 164.60
     CD:15位 31.14 OD:17位 48.17
     FD:12位 85.29(TES:45.40 PCS:39.89 0)
15 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(RUS) 163.35
     CD:17位 29.86 OD:15位 50.61
     FD:14位 82.88(TES:42.30 PCS:41.58 -1)
16 ZADOROZHNIUK Anna / VERBILLO Sergei(UKR) 163.15
     CD:11位 33.87 OD:16位 50.02
     FD:17位 79.26(TES:39.20 PCS:40.06 0)
17 REED Cathy / REED Chris(JPN) 159.60
     CD:18位 29.49 OD:14位 50.81
     FD:16位 79.30(TES:42.50 PCS:36.80 0)
18 BEIER Christina / BEIER William(GER) 149.64
     CD:16位 30.31 OD:18位 46.42
     FD:18位 72.91(TES:38.90 PCS:34.01 0)
19 HUANG Xintong / ZHENG Xun(CHN) 145.52
     CD:19位 29.22 OD:20位 45.03
     FD:20位 71.27(TES:37.70 PCS:33.57 0)
20 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(GBR) 143.61
     CD:21位 25.68 OD:19位 46.33
     FD:19位 71.60(TES:41.30 PCS:31.30 -1)
21 HAJKOVA Kamila / VINCOUR David(CZE) 133.81
     CD:22位 23.19 OD:22位 40.54
     FD:21位 70.08(TES:41.30 PCS:28.78 0)
22 REED Allison / JAPARIDZE Otar(GEO) 132.32
     CD:20位 26.65 OD:21位 42.22
     FD:22位 63.45(TES:36.30 PCS:28.15 -1)
23 SHTORK Irina / RAND Taavi(EST) 115.18
     CD:23位 21.73 OD:23位 35.21
     FD:23位 58.24(TES:35.10 PCS:24.14 -1)

1位に地元カナダのヴェーチェ&モイアー組
2位はアメリカのデービス&ホワイト組
3位がロシアのドムニナ&シャバリン組

ここでも、ロシアが金メダルを取れず、北米が金銀をゲットした。
リード姉弟はCD、ODとパーソナルベストでトータルでもパーソナルベストの健闘だった。

| | Comments (157) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・アイスダンス・OD

フィギュアスケートは、アイスダンス・オリジナルダンスの結果。

◆アイスダンス OD
1 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(CAN) 111.15
     CD:2位 42.74 OD:1位 68.41(TES:32.90 PCS:35.51 0)
2 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(USA) 108.55
     CD:3位 41.47 OD:2位 67.08(TES:32.60 PCS:34.48 0)
3 DOMNINA Oksana / SHABALIN Maxim(RUS) 106.60
     CD:1位 43.76 OD:3位 62.84(TES:29.80 PCS:33.04 0)
4 BELBIN Tanith / AGOSTO Benjamin(USA) 103.33
     CD:4位 40.83 OD:4位 62.50(TES:30.10 PCS:32.40 0)
5 FAIELLA Federica / SCALI Massimo(ITA) 100.06
     CD:5位 39.88 OD:5位 60.18(TES:28.60 PCS:31.58 0)
6 DELOBEL Isabelle / SCHOENFELDER Olivier(FRA) 96.67
     CD:6位 37.99 OD:7位 58.68(TES:27.40 PCS:32.28 -1)
7 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(FRA) 96.12
     CD:9位 36.13 OD:6位 59.99(TES:29.90 PCS:30.09 0)
8 KERR Sinead / KERR John(GBR) 93.78
     CD:8位 37.02 OD:8位 56.76(TES:27.30 PCS:29.46 0)
9 KHOKHLOVA Jana / NOVITSKI Sergei(RUS) 92.75
     CD:7位 37.18 OD:9位 55.57(TES:26.10 PCS:29.47 0)
10 ZARETSKY Alexandra / ZARETSKY Roman(ISR) 89.62
     CD:10位 34.38 OD:10位 55.24(TES:27.30 PCS:27.94 0)
11 SAMUELSON Emily / BATES Evan(USA) 85.36
     CD:14位 31.37 OD:11位 53.99(TES:28.60 PCS:25.39 0)
12 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(ITA) 84.58
     CD:12位 33.13 OD:12位 51.45(TES:26.50 PCS:24.95 0)
13 ZADOROZHNIUK Anna / VERBILLO Sergei(UKR) 83.89
     CD:11位 33.87 OD:16位 50.02(TES:24.30 PCS:25.72 0)
14 HOFFMANN Nora / ZAVOZIN Maxim(HUN) 83.12
     CD:13位 31.90 OD:13位 51.22(TES:25.70 PCS:25.52 0)
15 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(RUS) 80.47
     CD:17位 29.86 OD:15位 50.61(TES:25.60 PCS:25.01 0)
16 REED Cathy / REED Chris(JPN) 80.30
     CD:18位 29.49 OD:14位 50.81(TES:27.70 PCS:23.11 0)
17 CRONE Vanessa / POIRIER Paul(CAN) 79.31
     CD:15位 31.14 OD:17位 48.17(TES:24.00 PCS:24.17 0)
18 BEIER Christina / BEIER William(GER)76.73
     CD:16位 30.31 OD:18位 46.42(TES:25.00 21.42 0)
19 HUANG Xintong / ZHENG Xun(CHN) 74.25
     CD:19位 29.22 OD:20位 45.03(TES:22.70 PCS:22.33 0)
20 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(GBR) 72.01
     CD:21位 25.68 OD:19位 46.33(TES:24.60 PCS:21.73 0)
21 REED Allison / JAPARIDZE Otar(GEO) 68.87
     CD:20位 26.65 OD:21位 42.22(TES:22.50 PCS:19.72 0)

| | Comments (122) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 カーリング

日本の4戦目はイギリス。
これまでの戦績は、
 日本 9 - 7 アメリカ
 日本 6 - 7 カナダ
 日本 5 - 9 中国
と1勝2敗。
そしてイギリス戦の結果は、

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 
 イギリス 0 0 1 0 2 0 0 1 0 × 4
 日本   1 0 0 3 0 1 1 0 5 × 11

で日本は、2勝2敗となった。
それにしても、今日の試合、見応えのある試合だった。
両者大きなミスはなく、絶妙なショットの連続、その中でつかんだ勝利はとても見応えがあった。

| | Comments (259) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・アイスダンス・CD

フィギュアスケートは、アイスダンスが始まった。
◆アイスダンス CD

1 DOMNINA Oksana / SHABALIN Maxim(RUS)
          43.76(TES:21.92 PCS:21.84 0)
2 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(CAN)
          42.74(TES:21.40 PCS:21.34 0)
3 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(USA)
          41.47(TES:20.46 PCS:21.01 0)
4 BELBIN Tanith / AGOSTO Benjamin(USA)
          40.83(TES:20.16 PCS:20.67 0)
5 FAIELLA Federica / SCALI Massimo(ITA)
          39.88(TES:19.82 PCS:20.06 0)
6 DELOBEL Isabelle / SCHOENFELDER Olivier(FRA)
          37.99(TES:18.44 PCS:19.55 0)
7 KHOKHLOVA Jana / NOVITSKI Sergei(RUS)
          37.18(TES:18.28 PCS:18.90 0)
8 KERR Sinead / KERR John(GBR)
          37.02(TES:18.04 PCS:18.98 0)
9 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(FRA)
          36.13(TES:17.72 PCS:18.41 0)
10 ZARETSKY Alexandra / ZARETSKY Roman(ISR)
          34.38(TES:17.42 PCS:16.96 0)
11 ZADOROZHNIUK Anna / VERBILLO Sergei(UKR)
          33.87(TES:17.38 PCS:16.49 0)
12 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(ITA)
          33.13(TES:16.40 PCS:16.73 0)
13 HOFFMANN Nora / ZAVOZIN Maxim(HUN)
          31.90(TES:16.60 PCS:15.30 0)
14 SAMUELSON Emily / BATES Evan(USA)
          31.37(TES:16.04 PCS:15.33 0)
15 CRONE Vanessa / POIRIER Paul(CAN)
          31.14(TES:16.22 PCS:14.92 0)
16 BEIER Christina / BEIER William(GER)
          30.31(TES:15.82 PCS:14.49 0)
17 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(RUS)
          29.86(TES:14.50 PCS:15.36 0)
18 REED Cathy / REED Chris(IPN)
          29.49(TES:15.10 PCS:14.39 0)
19 HUANG Xintong / ZHENG Xun(CHN)
          29.22(TES:15.32 PCS:13.90 0)
20 REED Allison / JAPARIDZE Otar(GEO)
          26.65(TES:14.22 PCS:12.43 0)

ドムニナ&シャバリン組が1位。
ヴィーチェ&モイアー組が2位。
デービス&ホワイト組が3位。

リード姉弟は18位。
そして、グルジアからのリード姉弟の妹アリソン・リード組は20位につけている。

| | Comments (174) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・男子・結果

フィギュアスケート 男子シングル フリーが行われた。

◆男子シングル FSと結果
1 LYSACEK Evan(USA)      257.67
      SP:90.30 2位 FS:167.37(TES:84.57 PCS:82.80 0) 1位 
2 PLUSHENKO Evgeni(RUS)    256.36
      SP:90.85 1位 FS:165.51(TES:82.71 PCS:82.80 0) 2位 
3 高橋 大輔(JPN)       247.23
      SP:90.25 3位 FS:156.98(TES:73.48 PCS:84.50 -1) 5位
4 LAMBIEL Stephane(SWI)    246.72
      SP:84.63 5位 FS:162.09(TES:78.49 PCS:83.60 0) 3位
5 CHAN Patrick(CAN)      241.42
      SP:81.12 7位 FS:160.30(TES:79.30 PCS:82.00 -1) 4位
6 WEIR Johnny(USA)      238.87
      SP:82.10 6位 FS:156.77(TES:79.67 PCS:77.10 0) 6位
7 織田 信成(JPN)       238.54
      SP:84.85 4位 FS:153.69(TES:79.69 PCS:77.00 -3) 7位
8 小塚 崇彦(JPN)       231.19
      SP:79.59 8位 FS:151.60(TES:78.40 PCS:74.20 -1) 8位
9 ABBOTT Jeremy(USA)     218.96
      SP:69.40 15位 FS:149.56(TES:71.56 PCS:79.00 -1) 9位
10 BREZINA Michal(CZE)     216.73
      SP:78.80 9位 FS:137.93(TES:67.43 PCS:71.50 -1) 11位
11 TEN Denis(KAZ)       211.25
      SP:76.24 10位 FS:135.01(TES:67.61 PCS:67.40 0) 14位
12 AMODIO Florent(FRA)     210.30
      SP:75.35 11位 FS:134.95(TES:63.25 PCS:71.70 0) 15位
13 BORODULIN Artem(RUS)    210.16
      SP:72.24 13位 FS:137.92(TES:72.62 PCS:65.30 0) 12位
14 FERNANDEZ Javier(SPA)    206.68
      SP:68.69 16位 FS:137.99(TES:68.19 PCS:70.80 -1) 10位
15 SCHULTHEISS Adrian(SWE)   200.44
      SP:63.13 22位 FS:137.31(TES:74.01 PCS:63.30 0) 13位
16 JOUBERT Brian(FRA)     200.22
      SP:68.00 18位 FS:132.22(TES:59.12 PCS:74.10 -1) 16位
17 van der PERREN Kevin(BEL)  189.84
      SP:72.90 12位 FS:116.94(TES:54.04 PCS:62.90 0) 18位
18 CONTESTI Samuel(ITA)    187.50
      SP:70.60 14位 FS:116.90(TES:50.20 PCS:66.70 0) 19位
19 VERNER Tomas(CZE)      184.74
      SP:65.32 19 FS:119.42(TES:52.62 PCS:67.80 -1) 17位
20 BACCHINI Paolo(ITA)     177.21
      SP:64.42 20位 FS:112.79(TES:55.19 PCS:57.60 0) 22位

ライサチェックが金。
プロシェンコが銀。
高橋大輔が銅。

4回転を跳ばず、確実な演技をしてきたライサチェックが金。
今日のプリシェンコは、大きな失敗こそなかったが、らしからぬキレが足りていなかった。
高橋は4回転で転倒、しかし、その後の立て直しが素晴らしく、PCSは最高点を得た。
織田信成は、演技途中、靴ひもが切れるハプニング。途中、中断を余儀なくされ、減点。
当初からキレていたらしく、括っていたところが、更にキレたかほどけたか、なんともかわいそうな結果だった。
小塚崇彦は4回転を始めて着氷、2フットをとられてしまったが、この舞台で成功させたことは若い小塚にとって
は大きな力だ。

一方で、ジュベールがフリーでも崩れて16位、トマッシュ・ベルネルも19位と以外な結果だった。

| | Comments (191) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・男子・SP

フィギュアスケート 男子シングル ショートプログラムが行われた。

◆男子シングル SP
1 PLUSHENKO Evgeni(RUS)      90.85(TES:51.10 PCS:39.75 0)
2 LYSACEK Evan(USA)        90.30(TES:48.30 PCS:42.00 0)
3 高橋 大輔(JPN)         90.25(TES:48.90 PCS:41.35 0)
4 織田 信成(JPN)         84.85(TES:46.00 PCS:38.85 0)
5 LAMBIEL Stephane(SWI)      84.63(TES:41.48 PCS:43.15 0)
6 WEIR Johnny(USA)        82.10(TES:42.90 PCS:39.20 0)
7 CHAN Patrick(CAN)        81.12(TES:41.42 PCS:40.70 -1)
8 小塚 崇彦(JPN)         79.59(TES:42.14 PCS:37.45 0)
9 Republic BREZINA Michal(CZE)  78.80(TES:42.50 PCS:36.30 0)
10 TEN Denis(KAZ)         76.24(TES:41.24 PCS:35.00 0)
11 AMODIO Florent(FRA)       75.35(TES:41.90 PCS:33.45 0)
12 van der PERREN Kevin(BEL)    72.90(TES:39.20 PCS:33.70 0)
13 Federation BORODULIN Artem(RUS) 72.24(TES:39.94 PCS:32.30 0)
14 CONTESTI Samuel(ITA)      70.60(TES:36.60 PCS:35.00 -1)
15 ABBOTT Jeremy(USA)       69.40(TES:30.70 PCS:38.70 0)
16 FERNANDEZ Javier(SPE)      68.69(TES:37.64 PCS:31.05 0)
17 LINDEMANN Stefan(GER)      68.50(TES:37.70 PCS:30.80 0)
18 JOUBERT Brian(FRA)       68.00(TES:31.90 PCS:37.10 -1)
19 Republic VERNER Tomas(CZE)   65.32(TES:30.02 PCS:36.30 -1)
20 BACCHINI Paolo(ITA)       64.42(TES:34.82 PCS:29.60 0)

プルシェンコが1位。
ライサチェックが2位。
高橋大輔が3位。
ここまでは、90点台、その差は0.6ポイント。
そして、織田信成が4位。6.0ポイント差。
ランビエールが5位で、6.2ポイント差。
そして、ウィアーが6位で、カナダのチャンが7位。ここまでが80点台。
小塚崇彦は、79.59で8位。
ブライアン・ジュベールは、ジャンプが決まらず、まさかの18位。
ジェレミー・アボットもジャンプが決まらず15位。
トマッシュ・ベルネルもジャンプが決まらず19位。

ジャンプの出来が順位を決めている。
この日、4回転をクリーンに決めたのは、プルシェンコのみ。

やはり、オリンピックには魔物がいる。
プルシェンコは、魔物などものともしない強さをもっているように見えた。

そして、フリーの滑走順も決まった。
小塚崇彦が第3グループの初っ端。
最終グループの第4グループは、
1.ライサチェック
2.織田信成
3.ランビエール
4.高橋大輔
5.ウィアー
6.プルシェンコ
の順。プルシェンコが最終滑走となった。

| | Comments (130) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・ペア・FS

フィギュアスケート ペアは、メダルの色も決まった。

◆ペア FSと結果
1 SHEN Xue / ZHAO Hongbo(CHN) 
      SP:76.66 FS:139.91(TES:67.51 PCS:72.40)
2 PANG Qing / TONG Jian(CHN) 
      SP:71.50 FS:141.81(TES:70.53 PCS:71.28)
3 SAVCHENKO Aliona / SZOLKOWY Robin(GER) 
      SP:75.96 FS:134.64(TES:65.08 PCS:70.56)
4 KAVAGUTI Yuko / SMIRNOV Alexander(RUS) 
      SP:74.16 FS:120.61(TES:57.13 PCS:64.48 -1)
5 ZHANG Dan / ZHANG Hao(CHN) 
      SP:71.28 FS:123.06(TES:65.42 PCS:58.64)
6 DUBE Jessica / DAVISON Bryce(CAN) 
      SP:65.36 FS:121.75(TES:60.99 PCS:61.76 -1)
7 MUKHORTOVA Maria / TRANKOV Maxim(RUS) 
      SP:63.44 FS:122.35(TES:61.27 PCS:62.08 -1)
8 VOLOSOZHAR Tatiana / MOROZOV Stanislav(UKR) 
      SP:62.14 FS:119.64(TES:64.64 PCS:56.00)
9 LANGLOIS Anabelle / HAY Cody(CAN) 
      SP:64.20 FS:115.77(TES:60.45 PCS:56.32 -1)
10 EVORA Amanda / LADWIG Mark(USA) 
      SP:57.86 FS:114.06(TES:62.06 PCS:52.00)

中国ペアが金、銀。
サフチェンコ&ソルコビー組はらしからぬ転倒もあって3位。
川口悠子&スミノフ組は4回転回避も、3回転でもお手付き、転倒とこれもらしからぬミスがでて、4位だった。

| | Comments (109) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 モーグル男子

1 BILODEAU Alexandre(CAN)      14.1 5.44 7.21 26.75
2 BEGG-SMITH Dale(AUS)        14.2 5.43 6.95 26.58
3 WILSON Bryon(USA)         13.8 5.46 6.82 26.08
4 MARQUIS Vincent(CAN)        13.6 5.04 7.24 25.88
5 ROUSSEAU Pierre-Alexandre(CAN)   13.9 5.05 6.88 25.83
6 COLAS Guilbaut(FRA)        13.9 4.51 7.33 25.74
7 ENDO Sho(JPN)           13.1 5.24 7.04 25.38
8 BJOERNLUND Jesper(SWE)       13.5 4.95 6.67 25.12
9 NISHI Nobuyuki(JPN)        13.4 4.85 6.86 25.11
10 Federation SMYSHLYAEV Alexandr(RUS)13.2 4.24 6.94 24.38

日本選手では、19歳の遠藤翔が7位入賞。 これは大健闘だ。
そして、やはり男子の競技は面白い。豪快、難度の高いエア、素早い、そしてリズミカルな、舐めるようなターン。
金メダルのBILODEAU Alexandreの滑りは、スピード、エアともに見応えのある滑りだった。

| | Comments (316) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 フィギュアスケート・ペア・SP

フィギュアスケートも始まった。
まずは、ペアから。

◆ペア SP
1 SHEN Xue / ZHAO Hongbo(CHN) 76.66 TES:42.42 PCS:34.24
2 SAVCHENKO Aliona / SZOLKOWY Robin(GER) 75.96 TES:42.24 PCS:33.72
3 KAVAGUTI Yuko / SMIRNOV Alexander(RUS) 74.16 TES:40.92 PCS:33.24
4 PANG Qing / TONG Jian(CHN) 71.50 TES:39.90 PCS:32.60 -1
5 ZHANG Dan / ZHANG Hao(CHN) 71.28 TES:41.08 PCS:30.20
6 DUBE Jessica / DAVISON Bryce(CAN) 65.36 TES:36.16 PCS:30.20 -1
7 LANGLOIS Anabelle / HAY Cody(CAN) 64.20 TES:37.60 PCS:26.60
8 Federation MUKHORTOVA Maria / TRANKOV Maxim(RUS) 63.44 TES:34.24 PCS:30.20 -1
9 VOLOSOZHAR Tatiana / MOROZOV Stanislav(UKR) 62.14 TES:34.62 PCS:27.52
10 EVORA Amanda / LADWIG Mark(USA) 57.86 TES:33.10 PCS:24.76

SHEN Xue / ZHAO Hongboは、最高ポイントでの1位。
上位3位までは、ほぼ完ぺきな演技をしてきた。
川口悠子&スミノフ組もパーソナルベストで3位、トップとは2.5ポイント差に付けた。

| | Comments (123) | TrackBack (0)

バンクーバー オリンピック2010 モーグル女子

バンクーバー・オリンピックが始まった。
雪と氷の祭典。華やかな開会式、聖火、様々な演出の中で華々しく、感動的にはじまった。
そして、競技も。

まず最初の注目はモーグル女子。
上村愛子にメダルの期待がかかる。
いや、のしかかっていたかもしれない。

結果は4位。
「なんで一段一段なのかな」といった上村の言葉。
長野7位、ソルトレークシティー6位、トリノ5位、そしてバンクーバー4位。
生真面目な上村らしいと言えばそうなのだが、メダルをとらせてあげたかった。
決勝での滑りも、涙のインタビューも上村らしさが十分に伝わる内容で、感動的だった。

それから、里谷の滑りも印象的だった。
優等生的な上村に対して、ヒール的なイメージとなってしまった里谷だが、オリンピック代表に至る道のり、大会に臨む道のりも困難な中、たどりついただけはあったのではと思った。
決勝でのミドルセクションでの滑りは、感動的だった。
勝負師・里谷をみせてくれたと思う。
そして勝負にでれるだけの底力、さすがメダリスト。
入賞ではなく、メダルを狙いにいっていた。そして、そのポイントもわかっているし、そのために自分ができることもわかっていて、勝負をかけたミドルの滑りだったのだろう。
ミドルセッションは、長野で金メダルをとったときの興奮がよみがえるようだった。
この賭けができたのが、ベテランであり、底力をもつ里谷ならではの滑りだったと思う。
だから、順位に関係なく、その滑りに感動を覚えた。

19歳の村田の滑りも良かったと思う。結果は8位入賞だが、次の世代が育っていることを実感できた。
伊藤も同じく、次の大会を見据えて自分なりの目標はクリアしている。

スキー競技は、どうしても重くて馬力のある身体をもった選手に有利なものだ。
華やかな感じのするモーグルだとて変わりはない。
決してめぐまれた体格を有しているわけではない日本人が挑み、結果をだしている。

メダルはかなわなかったが、感動は熱い。
オリンピックの魔物、勝負、感動、多くを堪能させてくれる試合だった。

里谷は競技の第一線から退く意向を示したようだ。
という報道もあったが、どうもニュアンスの違いがあったようだ。
猪苗代大会には出場、その後で考えるという感じのようだ。

上村には、できればもう一度オリンピックを目指してほしい、そして、今回のような重圧のかからない位置で、メダルを狙ってほしい、というのは贅沢な願いだろうか。

| | Comments (223) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 四大陸選手権 1日目

Four Continents Championships 2010
四大陸選手権が始まった。

取り急ぎ、女子SPの結果。

1 鈴木 明子(JPN)      58.88(TES:33.40 PCS:25.48)
2 Amanda DOBBS(USA)    57.56(TES:33.80 PCS:23.76)
3 浅田 真央(JPN)      57.22(TES:30.10 PCS:28.12 -1)
4 Caroline ZHANG(USA)   55.10(TES:29.94 PCS:25.16)
5 今井 遥(JPN)       55.06(TES:31.70 PCS:23.36)
6 Amelie LACOSTE(CAN)   54.46(TES:30.98 PCS:23.48)
7 Min-Jung KWAK(KOR)    53.68(TES:34.40 PCS:19.28)
8 Myriane SAMSON(CAN)   51.60(TES:30.20 PCS:21.40)
9 Alexe GILLES(USA)    48.90(TES:27.90 PCS:23.00 -2)
10 Diane SZMIETT(CAN)    48.82(TES:26.10 PCS:22.72)

鈴木が1位、浅田が3位。いずれも60ポイントに届かず。
順位はともかく、両者ともに、不満足な結果だろう。
特に、浅田真央は、3A-2Tの3Aで回転不足、3Fがすっぽ抜け、更には時間オーバーの減点と得点的にも、内容的にも納得できない出来。
練習では好調だったと伝えられていただけに、とにかく、もっと楽に試合に臨めるようになって欲しい。彼女こそ、楽しんで欲しい。
もっと幼いころは、「私を見て」と出来ること、そして出来る自分をアピールすることが楽しかったのではないだろうか。「出来るだろうか」という不安を抱いての滑りや、「決めなければいけない」という意識する脅迫観念などなしに。
フリーは金曜日、良いイメージで終えてほしい。

| | Comments (173) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 四大陸選手権

Four Continents Championships 2010
四大陸選手権が今週、韓国にて開催される。

◆主なエントリ選手
男子シングル
 南里康晴、町田樹、中村健人
 ライアン・ブラッドリー、ブライアン・モルズ、ケビン・レイノルズ 
女子シングル
 浅田真央、鈴木明子、今井遥
 キャロライン・ジャン
ペア
 高橋成美&メルビル・トラン組

日本女子以外は、オリンピック有力選手は参加しない大会。
選手には、くれぐれも怪我の無い様、良い方向に調整の大会として
のぞんで欲しい。

◆スケジュール
1/27(水)
11:20:00 アイスダンス CD
13:30:00 ペア SP
16:30:00 女子シングル グループ前半 SP
19:50:00 女子シングル グループ後半 SP
1/28(木)
12:00:00 アイスダンス OD
14:20:00 ペア FS
17:30:00 男子シングル SP
1/29(金)
13:00:00 女子シングル グループ1 FS
14:24:00 女子シングル グループ2 FS
18:00:00 アイスダンス FD
1/30(土)
11:00:00 男子シングル グループ1 FS
12:30:00 男子シングル グループ2 FS
 
◆TV放送
女子・フリー 1/29(金) 19:57 ~ 20:54
総集編    2/1(月) 02:10 ~ 03:40
フジテレビ系での放映

また、27日のオーダーは既に発表されている。
ペアでは、高橋成美&メルビル・トラン組が最終ひとつ前の第3グループの3番目(最終)。
女子シングルでは、鈴木明子が最終ひとつ前の第7グループの4番目。
浅田真央が、最終グループの3番目、今井遥が最終滑走となっている。

| | Comments (122) | TrackBack (0)

2010年がやってきた

あけましておめでとうございます。

元旦は恒例となっている初詣。
我が家の周りは雪景色、道路も真っ白の中、約1時間かけて初詣。
1時間かけて行った先は足元の雪はなく、寒く乾いた雪が舞ってはいたが、お参りには良い天気のうちだったと思う。
そういえば、ここ3年、雪の舞う中での初詣になったと思う。

今年も、最初のスポーツ観戦は全日本実業団だった。
明日明後日は箱根駅伝だろう。
そうして、新年の行事・スポーツが行われる。
そして2010年のこそしは、4年に1度のビッグイベントのある年。

2月には冬季オリンピック。張りつめた空気の中で熾烈で華麗な戦いが繰り広げられ、感動をもたらしてくれるのだろう。
そして、初夏にはFIFAワールドカップ。熱い戦いにみているものにも感動と興奮をもたらしてくれるのだろう。

また、スポーツの感動にとらわれのだろう。そして書き綴っていきたいと思う。

| | Comments (214) | TrackBack (0)

ゆく年くる年 2009年から2010年へ

2009年が行き、2010年になる。
2009年、個人的にはかなった目標もあれば、かなわぬ想いもあった。
向かっていけるものもあったが、へたれてしまったこともあった。

フィギュアスケート関連では、日本選手にとっては熾烈な戦いの年だったのではないだろうか。
トップを走っていたかにみえた浅田真央の不振、でも最後は全日本優勝で帳尻は合わせてしまった強さ。
対照的に不調の中でも結果を残せる安定感を身に付けた安藤美姫。
やや不調からジャパンオープンでの怪我が響いて本来の力を見せれなかった中野友加里。
復活の絶好調な滑りをみせた鈴木明子。
不安定感をぬぐい切れず、らしさを十分に見せつけられないままとなった村主章枝。
怪我からの復活を徐々に演じて見せた高橋大輔。
思うような評価を得られず泣いたシーズン当初から、世界を作り上げていった織田信成。
昨年ほどの旋風はおこせなかったものの、着実に役割を果たして、オリンピックへの切符をつかんだ小塚崇彦。
思うような結果が残せなかった南里康晴、中庭健介。
来る2010年はオリンピックイヤー。
オリンピック出場選手は、楽しみな年でもあり、正月休みは返上の年なのだろう。
冬のスポーツの祭典では、きっと、多くの感動をもたらしてくれるのだろう。
筋書きのあるドラマはいくら計算しつくされていたとしても、筋書きのないドラマ・スポーツというやつに勝てない。
筋書きのないことだからこそ、淡々としたものでも、激戦でも感動が生まれるのだろう。

| | Comments (95) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その3

全日本選手権、女子FS、主な選手の演技感想。

◆リード兄弟
ときおりクリスが悪魔にも見えてしまう情熱的な演技だった。

◆今井遥
2A-3Tを軽く決めて、3Fも決めて、3Loも決めてスピンへ。ステップも丁寧に踏んで、スパイラルへ。ややスピード感に欠けるところはあったが、次は、3S-2T-2Loを決めて、3Lo-2Tも決めて、3Sもなんとかこらえて2A
を決めてスピンへ。そしてステップからスピンでフィニッシュ。

◆藤沢亮子
3Lz-2Aを決めて、2A-3Tもなんとかおりて、3Loも決めてスピンへ。3Fも決めてレイバックスピン。そしてスパイラルから3Lz。そして2A-2T-2Tを決めて、3Tも決めてスピンへ。そしてステップを踊り切ってフィニッシュ。
全体に丁寧な演技が印象的だった。

◆後藤亜由美
最初は3Lo。3F、3Sも決めてスピンへ。そしてスパイラル。3F-2Tはなんとかこらえて、3S-2Aは綺麗に決めてスピンへ。スピンはややスピードに欠ける感じがあったが、ステップへ。ステップは丁寧だが、これもややスピード感に欠ける感じはしたが、
3T-2T-2Tを決めて、2Aを決めてスピンでフィニッシュ。

◆武田奈也
最初は3Loを綺麗に決めて、3Lzはパンク。そして2Aは綺麗に決めてスピンへ。そしてスパイラル。3Lo-2Aを決めて、3T-2Tも決めて、3Tはなんとかこらえた。2A-2T-2Loも決めてステップへ。氷上を舞う姿はダイナミックで美しく、最後はスピン、そして笑顔で締めくくった。

◆中野友加里
キレの良いスケーティングから3Lzはステップアウト。3F-2Tは綺麗に決めて、3Lz-2T-2Tを決めて得意のドーナツスピンへ。そして丁寧なスパイラル。3Fも決めて、3Tから2Aも決めて綺麗なスピン。3Sは軽く決めて、2Aも決めて、丁寧で小気味良いステップから最後はスピンで決めた。
緊張感と気合いが電波を通じてさえ伝わってくるような雰囲気。見ているものが手に汗を握ってしまったが、最後はスタンディングオベーションだった。
解説の荒川静香が珍しく感情を込めてた解説をしたのも印象的だった。

◆安藤美姫
豹柄の衣装。3Lz-2Loを軽く決めて、3Sから2Aも決めて、3Loも決めてスピンへ。スピンの入りで少しぶれがでてちょっとスピードも失ってしまった。そしてスパイラルは丁寧に決めて、3Sも綺麗に決めて、3Lzも決めてスピンへ。そして手拍子をもらってステップっから3Tはステップアウト。2Aはなんとか決めて、ステップへ。想いをこめたステップからスピンで締めくくり。

◆浅田真央
最初は大きな滑りから大きな3A。次は2A-2Tで確実に決めた。そして3F-2Loを決めてスピンへ。そしてスパイラルも丁寧に決めて、3Loを決めて、3F-2Lo-2Loも決めて、3Tも決めて2Aを軽々と決めてスピンへ。そしてここからは迫力のステップ。重い曲に負けない強い滑り、最後はスピンで締めくくった。
そして最後は天に向かってやり切った表情そして、ホッとした笑顔へ。満場のスタンディングオベーションではなかったろうか。
キス&クライでは得点をみてとっても安堵の表情だった。

◆村主章枝
最初は3Lz-2Tで3Lzが回転不足。3Fはステップアウト。2Aは綺麗に決めてフライングシットスピン。村主ワールドを作って、スパイラルを丁寧に決めて、3Sを決めて、3Lzは詰まってしまった。3F-2T-2Loはなんとか決めて2Aから1Aに。そしてスピン、ステップからコンビネーションでフィニッシュ。
演技終了後、リンクの中を滑る中、どんなことを考えていたのだろうか。

◆鈴木明子
最初は3F-2T-2Loを決めて、3Tから2Aも決めて、3Loはなんとか決めたかに見えたが転倒。そしてスピンを丁寧にこなしてスパイラルへ。3Fは決めて、3Lzも決めて、3Loから2Aも決めて、3Sも決めてスピンへ。やや軸がぶれたが、次はスピードにのってのステップ。躍動感にあふれた踊り。そして最後はスピンでフィニッシュ。
全体に自信にあふれた強い演技、演技後は満面の笑顔と、思わず涙ぐんでいた。
キス&クライでは得点を聞いて思わず大泣きだった。

◆村上佳菜子
最初は演技買いポジションを間違え会場の笑いをさそってしまった。そして3Lzが1Lzに。次は3Fを綺麗に決めて、3Sから2Aを決めてスピンも決めて、軽快な滑りから2Aも決めてコンビネーションスピン。後半に入って、スローパートを集中して表現、スパイラル、そして3Tを決めて、3S-2Lo-2Loも決めてステップへ。ここも小気味よく、頑張った滑りからスピンで締めくくり。
演技後はやや表情がひきつっていたかもしれないけれど、やっと終わったという感じ。


この大会で、2009/2010シーズンの対外大会への出場者が決まる。
特に今シーズンはオリンピックイヤー、4年に一度の大会は、出場権をめぐる大会から
熱く、厳しい、そして勝負は非情だ。

4年前の大会では、あと少しで表彰台にのれなかった村主。
4年前の大会で、演技も多分心も打ち砕かれた安藤。
4年前の大会切符にあと少しで届かなかった中野。
4年前は、実力がありながらオリンピック出場資格がなかった浅田。
4年前は、オリンピックなど考えられず、苦しんでいただろう鈴木。
そんな、それぞれの4年分、いやそれ以上の想いを背負っての演技だったと思う。

結果は、浅田、鈴木、安藤がオリンピックへ。
村主、中野は残念ながら出場はかなわなかった。
皆が、色々なものを背負って4年を過ごし、でも皆が欲しいものを手にできるわけでは
ない。出場枠が足りないと言ってしまえばそれまで。いつも最高の舞台への戦いは非情だ。

そんな張りつめた最終グループの中で、最終滑走を務め、5位に位置づけた村上佳菜子。
怖さを垣間見たのではないだろうか。4年後彼女はこの舞台に立つのかはまだ分からないが、貴重な体験を得たことは間違いない。

| | Comments (152) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その2

全日本選手権、アイスダンス結果。

1. キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)  163.37
   FD:82.62(TES:44.50 PCS:38.12) OD:49.58 CD:31.17
2. 平井 絵己&水谷 太洋(関西大学/法政大学)         119.49
   FD:56.81(TES:30.80 PCS:28.01 -2) OD:37.67 CD:25.01

| | Comments (181) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 3日目その1

全日本選手権、男子FSが終わった。主な選手の演技感想。

◆女子シングル結果
1 浅田 真央(中京大学)        204.62
     SP:69.12 1位 FS:135.50(TES:67.90 PCS:67.60) 1位
2 鈴木 明子(邦和スポーツランド)  195.90
     SP:67.84 4位 FS:128.06(TES:65.78 PCS:63.28 -1) 2位
3 中野 友加里(プリンスホテル) 195.73
     SP:68.90 2位 FS:126.83(TES:63.55 PCS:63.28) 3位
4 安藤 美姫(トヨタ自動車) 185.44
     SP:68.68 3位 FS:116.76(TES:52.12 PCS:64.64) 4位
5 村上 佳菜子(グランプリ東海クラブ 176.61
     SP:60.28 5位 FS:116.33(TES:59.77 PCS:56.56) 5位
6 今井 遥(日本橋女学館) 166.16
     SP:55.98 7位 FS:110.18(TES:59.46 PCS:50.72) 6位
7 村主 章枝(AK) 161.29
     SP:58.70 6位 FS:102.59(TES:42.83 PCS:59.76) 9位
8 後藤 亜由美(愛み大瑞穂高) 159.15
     SP:55.96 8位 FS:103.19(TES:57.75 PCS:45.44) 8位
9 武田 奈也(早稲田大学) 158.81
     SP:54.54 12位 FS:104.27(TES:52.27 PCS:52.00) 7位
10 藤沢 亮子(飯塚フィギュアクラブ) 157.88
     SP:55.82 9位 FS:102.06(TES:53.98 PCS:48.08) 11位
11 毛間内 かれん(日本橋女学館) 150.97
     SP:48.50 19位 FS:102.47(TES:60.39 PCS:42.08) 10位
12 中村 愛音(中京大中京高校) 148.42
     SP:54.60 11位 FS:93.82(TES:47.54 PCS:47.28 -1) 13位
13 村元 小月(関西大学) 144.73
     SP:53.34 17位 FS:94.67(TES:46.43 PCS:48.24) 12位
14 國分 紫苑(ROYCE'F・S・C(札)) 141.57
     SP:51.12 16位 FS:90.45(TES:47.65 PCS:42.80) 14位
15 高山 睦美(明治大学) 138.78
     SP:54.92 10位 FS:83.86(TES:38.78 PCS:46.08 -1) 17位

1位は、浅田真央
2位は、鈴木 明子
3位は、中野 友加里
そして4位に安藤 美姫、5位に村上佳菜子。村主は7位だった。

なんとも熾烈な争い。
これで、オリンピックの切符がきられるのだが、なぜ3枚しかないの、といいたい、そんな選手たちのがんばりだったと思う。

グランプリシリーズとは比べ物にならないくらいの緊張感と迫力のあるアスリートたちの戦いをみせてくれたと思う。

| | Comments (129) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その5

全日本選手権、男子FSが終わった。主な選手の演技感想。

◆織田信成
4Tは転倒。3A-3Tは大きなジャンプでなんとかこらえてスピンへ。3Sは綺麗に決めて、サーキュラーステップでは手拍子ももらって、後半へ。スピードにのって、3Aは高いジャンプ。3Lz-2T-2Tも決めて、3F-2T、
3Loも決めてスピン。そして2Aもしなやかに決めてステップに。身体を大きく使ったステップで、最後はスピンでフィニッシュ。
演技後は満面の笑顔でのあいさつ。キス&クライでも満足の表情だった。

◆無良崇人
4Tは転倒。3Aは1Aにパンク。3Lz-2Tは綺麗に決めてスピンへ。そしてゆったりとした丁寧なステップ。3Lzはなんとかこらえたが、次の3Aも1Aに、3Fは決めたが、次は2Sに、そしてスピン。そして3Lzはステップアウト、そしてスピン。そしてストレートラインステップでフィニッシュ。
体調不良の中の強行出場だったようで、後半はスピードもやや落ちてきて最後のステップはかなり苦しい中での滑りだったようだ。

◆郡山智之
最初の3Aは転倒。3Lzは詰まった着氷。3S-2Tは綺麗に決めてスピンへ。サーキュラーステップは音をうまくとらえたステップ、そしてスピンへ。そして後半に入って、3Sをなんとか決めて、3Tは綺麗に決めて、2A-2T-2Tも決めたが、次の2Aは1Aに、次の3T-2Tは決めた。そしてストレートラインステップは、細かい足さばき、軽快な動きでリズムにのり小気味よく、最後はスピンでフィニッシュ。

◆小塚崇彦
綺麗な身のこなしから、最初のジャンプは3Lz。3A-3Tを決めて、3Lz-2T-2Loは詰まりながらもなんとか決めてスピンへ。そして深いサーキュラーステップ。後半に入って、3S-2Tを決めてスピンへ。そして3Aをなんとか決めて、3Fは2Fに、3Loはなっとかこらえたが、最後のジャンプは2Aは1Aに。そして流れるような美しい身のこなしのステップから最後は高速スピンでフィニッシュ。
挨拶をする姿は安堵の表情だったのではないだろうか。

◆高橋大輔
最初から雰囲気を作り上げて、4Tはなんとか降りたがやや回転不足か。3A-2Tは難なく決めて、3Aも決めてスピンへ。そしてサーキュラーステップは軽快に楽しく、観客の手拍子ももらって審判へもアピールして後半へ。3F-3Tはなんとか決めて、3Loはステップアウト、3Lzからの3連続は単発に、3Sは決めて、3Lzも決めてスピンへ。そして渾身のステップからスピンでフィニッシュ。
演技後の笑顔は、演技の続きなのか自分へのものなのか、安堵なのかそんな表情だった。

| | Comments (306) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その4

全日本選手権、ペアFS、アイスダンスODの結果。

◆ペア結果
高橋 成美&マーヴィン・トラン(アクアリンクちばクラブ/カナダ) 151.17
     SP:50.96 FS:100.21(TES:54.37 PCS:45.84)

◆アイスダンスOD
1 キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)
     OD:49.58(TES:25.40 PCS:24.18) CD:31.17
2 平井 絵己&水谷 太洋(関西大学/法政大学)
     OD:37.67(TES:19.70 PCS:17.97) CD:25.01

| | Comments (124) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その3

全日本選手権、男子FS、そしてオリンピック代表も決まる。

1 高橋 大輔(関西大学) 261.13
     SP:92.85 1位 FS:168.28(TES:79.98 PCS:88.30) 1位
2 織田 信成(関西大学) 244.30
     SP:79.60 3位 FS:164.70(TES:85.00 PCS:80.70 -1) 2位
3 小塚 崇彦(トヨタ自動車) 236.13
     SP:80.54 2位 FS:155.59(TES:75.89 PCS:79.70) 3位
4 町田 樹(関西大学) 215.02
     SP:75.35 4位 FS:139.67(TES:70.77 PCS:68.90) 4位
5 南里 康晴((株)ふくや) 201.01
     SP:68.88 7位 FS:132.13(TES:65.53 PCS:66.60) 6位
6 羽生 結弦(宮城FSC) 195.22 13 5
     SP:57.99 13位 FS:137.23(TES:72.03 PCS:65.20) 5位
7 中村 健人(明治神宮外苑FSC) 188.39
     SP:61.10 10位 FS:127.29(TES:66.29 PCS:63.00 -2) 7位
8 田中 刑事(倉敷FSC) 187.26 9 8
     SP:65.90 9位 FS:121.36(TES:63.86 PCS:57.50) 8位
9 佐々木 彰生(明治大学) 179.83
     SP:59.15 12位 FS:120.68(TES:56.28 PCS:65.40 -1) 9位
10 無良 崇人(中京大学) 177.78
     SP:74.85 5位 FS:102.93(TES:38.13 PCS:65.80 -1) 14位
11 郡山 智之(福岡大学) 176.18
     SP:69.39 6位 FS:106.79(TES:45.79 PCS:62.00 -1) 13位
12 中庭 健介(パピオフィギュアクラブ) 169.14
     SP:68.52 8位 FS:100.62(TES:39.22 PCS:63.40 -2) 18位
13 小林 宏一(新横浜プリンスFSC) 166.65
     SP:57.08 15位 FS:109.57(TES:56.47 PCS:53.10) 10位
14 斎藤 直人(東北福祉大学) 162.47
     SP:54.39 18位 FS:108.08(TES:54.58 PCS:53.50) 11位
15 柴田 嶺(glow) 161.49
     SP:60.40 11位 FS:101.09(TES:46.49 PCS:57.60 -3) 17位

1位は、高橋大輔。SPの貯金もあったが、FSも1位。PCSがダントツの88点以上。
2位は、織田信成。SP3位からひつつ順位をあげての2位。4Tは試みたが転倒した模様。
それ以外は完ぺきな出来で、TESは一人だけ80点台を出した。
3位は、小塚崇彦。順位は落としたが、4位以下に大差をつけての表彰台。

5位に入った町田樹の急成長、そして6位に入った羽生結弦の健闘が次の世代への期待をうかがわせてくれた。

| | Comments (210) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その2

全日本選手権、女子SPの演技感想。

◆国分紫苑
3Lz-2T、3F、2Aとジャンプを決めてスピンへ。そしてスピードにのったスパイラル。
丁寧なステップ。スピンもポジションは綺麗に決めていたが、後半はスピードがやや落ちてきていたのが残念だった。

◆村主章枝
3Lzのコンビネーションで転倒。しかし、3Fを綺麗に決めて、しっとりとしたスピン。そしてスパイラル、そして2Aも綺麗に決めてスピンへ。そして自信を感じさせるステップ。最後はスピンでフィニッシュ。
最初の転倒の動じることなく、すぐさま村主ワールドに引き込んでいく演技はさすがという演技だった

◆浅田真央
最初は3A-2Tを決めた。そして3Fも余裕のあるジャンプ、そしてスピン。そしてスパイラル。そしてさらに余裕の2Aからスピン。そしてステップは楽しげに舞う姿さえ表現してのかろやかな滑り、そしてスピンで笑顔のフィニッシュ。
3Aが回転不足と判定されてしまったのは残念だったが、演技中の華やかさ、そして演技後の笑顔、プレゼントをもらう笑顔、キス&クライでの表情と、久しぶりに明るい姿がみれたのが良かった。

◆西野友毬
最初はスパイラルから。そして3Lz-2T。3Tからスピン。そしてステップ。2Aは1Aに、スピンから最後はコンビネーションスピンで締めくくり。
しばらく見ない間に身体も大きく成長、綺麗な滑りをみせてくれた。

◆武田奈也
最初は3T-2Tを決めて、次の3Loはなんとかこらえて、2Aは綺麗に決めてスピンへ。そしてスパイラル、そして楽しげなステップ。最後はレイバックスピンでフィニッシュ。
なんとも、楽しげな笑顔、踊っている感じが印象的な演技だった。

◆村上佳菜子
最初はなんと3T-3T。そして3Fも綺麗に決めて、2Aも決めてしまった。そしてスピン。そしてスパイラル。そしてビールマンスピンからステップに。最後はスピンでフィニッシュ。
そして、演技後の満面の笑顔がなんとも楽しげで良かった。
スパイラルのつなぎがややぎこちなかったり、スピンのスピードがやや欠けたかなという感じはあったが、音にのったメリハリの付け方、身のこなしが小気味よい演技だった。

◆村元小月
最初の3Loで転倒。しかし次の3S-2Tは決めてスピンへ。そしてスパイラル。そして2Aは綺麗に決めてレイバックスピン。そして丁寧なステップからスピンでフィニッシュ。
丁寧なしっとりとした演技が印象的だった。

◆鈴木明子
3F-2Tを綺麗に決めて、スピードにのって3Loをなんとか決めて丁寧にスピン。
そしてスパイラル。そして2Aも綺麗にきめてスピンへ。そして表情豊かなでメリハリの
利いたステップからスピンでフィニッシュ。

◆中野友加里
静から動へ、3Lz-2Tを決めて、3Loも綺麗に決めて得意のドーナツスピン。そしてスピードにのってスパイラルへ。そして2Aも綺麗に決めてしっとりとした滑りのステップからスピン。最後は美しいコンビネーションスピンでフィニッシュ。
演技後のホッとした表情が印象的だった。
そして、最後はいつの間にかスタンディングオベーションだった。

◆安藤美姫
最初は3Lz-2Lo。そして3Fは余裕で決めて、2Aも綺麗に決めてスピンへ。そしてしっとりとしたスパイラルからスピン。そして気合いを込めてステップへ。キレのあるメリハリの利いたステップからスピンでフィニッシュ。
演技後は安心した落ち着いた笑顔だった。

| | Comments (155) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 2日目その1

全日本選手権、いよいよ女子SP。

◆女子シングルSP
1 浅田 真央(中京大学)        69.12(TES:36.84 PCS:32.28)
2 中野 友加里(プリンスホテル)    68.90(TES:38.70 PCS:30.20)
3 安藤 美姫(トヨタ自動車)      68.68(TES:36.80 PCS:31.88)
4 鈴木 明子(邦和スポーツランド)   67.84(TES:37.80 PCS:30.04)
5 村上 佳菜子(グランプリ東海クラブ) 60.28(TES:33.80 PCS:26.48)
6 村主 章枝(AK)           58.70(TES:31.10 PCS:28.60 -1)
7 今井 遥(日本橋女学館)       55.98(TES:32.90 PCS:23.08)
8 後藤 亜由美(愛み大瑞穂高)     55.96(TES:33.80 PCS:22.16)
9 藤沢 亮子(飯塚フィギュアクラブ)  55.82(TES:34.30 PCS:21.52)
10 高山 睦美(明治大学)        54.92(TES:31.68 PCS:23.24)
11 中村 愛音(中京大中京高校)     54.60(TES:32.80 PCS:21.80)
12 武田 奈也(早稲田大学)       54.54(TES:29.74 PCS:24.80)
13 村元 哉中(神戸PFSC)        53.34(TES:31.50 PCS:21.84)
14 西野 友毬(武蔵野学院)       53.26(TES:29.70 PCS:23.56)
15 澤田 亜紀(関西大学)        51.48(TES:30.40 PCS:21.08)
16 國分 紫苑(ROYCE'F・S・C(札))   51.12(TES:31.20 PCS:19.92)
17 村元 小月(関西大学)        50.06(TES:27.90 PCS:23.16 -1)

浅田真央が1位。中野友加里が2位。安藤美紀が3位。鈴木明子が4位。村主章枝が6位。
1位から4位までは2ポイント以内という僅差の結果となった。

| | Comments (214) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 1日目その2

全日本選手権、ペアSPとアイスダンスCDの結果

◆ペアSP
1 高橋成美&マーヴィン・トラン(アクアリンクちばクラブ/カナダ)
          50.96(TES:28.76 PCS:22.20)

◆アイスダンスCD
1 キャシー・リード&クリス・リード(木下工務店クラブ東京)
          31.17(TES:15.94 PCS:15.23)
2 平井絵己&水谷太洋(関西大学/法政大学)
          25.01(TES:14.18 PCS:10.83)

| | Comments (201) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権 1日目

全日本選手権が始まった。
まずは、男子シングルSPから。

◆男子シングルSP
1 高橋 大輔(関西大学)    92.85(TES:51.20 PCS:41.65)
2 小塚 崇彦(トヨタ自動車)  80.54(TES:43.04 PCS:37.50)
3 織田 信成(関西大学)    79.60(TES:42.70 PCS:37.90 -1)
4 町田 樹(関西大学)     75.35(TES:42.60 PCS:32.75)
5 無良 崇人(中京大学)    74.85(TES:41.70 PCS:33.15)
6 郡山 智之(福岡大学)    69.39(TES:38.84 PCS:30.55)
7 南里 康晴(㈱ふくや)    68.88(TES:35.98 PCS:32.90)
8 中庭 健介(パピオフィギュアクラブ)68.52(TES:36.22 PCS:33.30 -1)
9 田中 刑事(倉敷FSC)    65.90(TES:40.20 PCS:25.70)
10 中村 健人(明治神宮外苑FSC)61.10(TES:31.00 PCS:30.10)
11 柴田 嶺(glow)       60.40(TES:32.00 PCS:28.40)
12 佐々木 彰生(明治大学)   59.15(TES:30.50 PCS:29.65)
13 羽生 結弦(宮城FSC)    57.99(TES:29.24 PCS:29.75 -1)

◆無良崇人
3Lz-3Tを綺麗に決め、3Aも綺麗に決め、3Fも決めてジャンプは完ぺき。
スピン、ステップもミスなくまずまずの出来だった。

◆南里康晴
最初は3Aを綺麗に決め、3F-3Tのコンビネーションは3Fで手をついて単発に。
次の3Lzに2Tをつけてコンビネーションに。
そしてスピン、ステップを丁寧に演じていた。

◆高橋 大輔
最初は3F-3T。そして3Aはちょっとつまった感じ。3Lzは余裕で決めてスピンへ。
そしてステップは身体を綺麗に使ってキレのある踊りを見せてくれた。スピンもためがあって綺麗ではあったが、やや回転が足りないのではと感じてしまうところはあった。
が、全体のキレと表現は華麗な演技だった。

◆小塚崇彦
3Lz-3Tは大きく綺麗なジャンプ。3Aはちょっとお手付き。そしてスピン。
3Fも決めてステップへ。流れるような滑りとスピード感、綺麗なポジションのスピン。
つぎのステップで思わずバランスを崩してお手付き、でも全体に綺麗なステップ。
最後はロングスピンでフィニッシュ。

◆町田樹
3F-3T、3A、3Lzとジャンプはほぼ完ぺきな出来。
そしてステップ、スピンも渾身の力での演技、まずまずの演技をみせてくれた。

◆織田信成
3Aは綺麗に決めて、3Lz-3Tも綺麗に決めて、3Fはめずらしく転倒。
ステップは丁寧に、そしてスピードのあるスピン。ステップにやや硬さがあったが滑り切ったという感じだった。

| | Comments (160) | TrackBack (0)

フィギュアスケート 全日本選手権

いよいよ、全日本選手権が始まる。
大会スケジュールとTV放送スケジュール

◆大会スケジュール
12月25日 16:30-16:45 アイスダンス CD
12月25日 16:50-17:05 ペア SP
12月25日 18:25-21:15 男子シングル SP
12月26日 13:00-13:20 アイスダンス OD
12月26日 13:20-13:35 ペア FS
12月26日 13:50-17:50 女子シングル SP
12月26日 18:05-22:00 男子シングル FS
12月27日 15:00-15:15 アイスダンス FD
12月27日 15:30-19:25 女子シングル FS

◆TV放送スケジュール フジテレビ
12月25日(金)23:00~24:00 男子SP
12月26日(土)19:00~21:09 女子SP
12月26日(土)23:25~24:40 男FS
12月27日(日)19:00~21:24 女子FS

◆メダリストオンアイス2009
12月28日(月)19:00~20:54

この大会は、オリンピックの最終選考会にもなる大会。
競技後、12月27日の21時から、代表の発表会も行われる。

| | Comments (112) | TrackBack (0)

フィギュアスケート グランプリ・ファイナル4日目その2

グランプリ・ファイナル4日目、エキシビションの感想
ISU Grand Prix of Figure Skating Final Tokyo/Japan

◆高橋大輔 ラブレター
しっとりとして切ない音楽に、滑らかな身のこなし、ジャンプも余裕をもった静かだがカッコイイ滑りをみせてくれた。

◆アオリオ・サフチェンコ&ロビン・ソルコビー ペア銅メダル ファッシネーション
ラフな衣装で、ちょっと昔の若者の軽快なカッコよさを表現した演技だった。

◆ジョニー・ウィアー 男子シングル銅メダル ポーカーフェース・レディーガル
メイクをしての登場。ジョニー・ディップを思い浮かべてしまうのは私だけだろうか。
ちょっと奇抜で、独特の世界観があって、男というか、中性的というか、独特の色気のあるそれでいてキレのある演技だった。

◆鈴木明子 女子シングル銅メダル カリブ
試合よりスピードがあるのではと思わせる溌剌としたステップ。エキシビションではこれでもかというくらいのステップの連続だった。

◆ホウ・セイ&トウ・ケン ペア銀メダル クレインズ・クライ
しっとりと切ない音楽で、繊細な滑りの中にダイナミックなエレメンツを見せてくれた。

◆織田信成 男子シングル銀メダル オースティン・パワーズ
最初は3Aからの入り、そしてコミカルなステップから、氷上に横になっての演技、途中、モロゾフとの抱擁そして大コケ、そこに綺麗なスピンも加わって、見ている側の頬が思わず緩むような演技だった。

◆メリル・デイビス&チャーリー&ホワイト アイスダンス金メダル ビリー・ジーン
若い2人の恋の絡みを、確実なスケーティングでしっとりと切なく見せてくれた。

◆シン・セツ&チョウ・コウバク ペア金メダル ハンガリー狂詩曲第2番
しっとりとした曲に合わせて、ダイナミックで美しいリフト、そのポーズのひとつひとつに大人の演技者の魅力を存分に見せてくれた。

◆安藤美姫 女子シングル銀メダル クイーン・オブ・ザ・ナイト
最初は3Lzから。スピード感のある滑りに、華やかさというより引き締まった雰囲気を作って、スケートに対する気持ちをみせてくれたような印象をうけた。

◆エバン・ライサチェック 男子シングル金メダル アラウンド・ザ・ワールド
長い手足を更に大きく広げて、優雅にダイナミックな滑り、ジャンプも高くスピード感もあって、かつ表情も楽しげ、エキシビションの良さを十分に見せてくれた。

◆キム・ヨナ 女子シングル金メダル ドント・ストップ・ザ・ミュージック
へそ出しのセクシーな衣装で軽快な滑り、そして妖艶な表情。手、上半身の動きは色っぽさまで演出して見せていた。

| | Comments (80) | TrackBack (0)

«フィギュアスケート グランプリ・ファイナル4日目その1